インド音楽チャリティーコンサートのお知らせ

東日本大震災の被災者の方々に心よりお見舞い申し上げます。
震災が起きてから、自分に何が出来るのかを問われる毎日です。

情報も錯綜しており、毎度のことながらテレビの情報とインター
ネット上でみつかる様々な情報は、ときに真逆のことを伝えてい
ます。

被災地に親族、友人のいる方や被災地からの距離、またはどれだけ
今、日本で起きていることに関心があるのかによって、その思うところ
は人さまざまです。

被災者のために現地に乗り込むボランティアから、募金活動で支える
人たち、その一方で、不安から買いだめに走ったり、テレビで流され
る震災シーンの連続に飽きて、レンタルDVDショップに通いつめる
人たちまで、同じ日本人でもその反応は千差万別です。

この時期にどのような行動をとるにせよ、一人ひとりの行動の総計が
今後の日本や世界を決めていくことは間違いありません。
 
その点、すぐさま現地に乗り込んだ熱い「てんつくマン」を応援します!!
彼の活動はこちら↓
てんつくマンオフィシャルブログ
(※テレビでは知ることができない現地の生の声が聞こえます)
彼によれば、福島原発に続き宮城の女川原発も11日から火災があったとのこと

そして、名古屋および近郊に在住の方にチャリティーイベントのお知らせです。

インド音楽コンサート in PAL CAFE(名古屋)
インド音楽コンサート
震災前より予定されていたコンサートですが、このたび主催者と演奏者により
チャリティーイベントとなりました。

出演のシタール奏者・吉田こうき氏からのコメントをご紹介します。

「吉田本家(父方)が、福島第一原発と同町同字にありまして(2kmくらいの所)、
連絡がとれていないんです。そんな中、3/13も演奏してきて思ったのですが、
今は節電くらいしかできないし、自粛ムードもありますが、自分の役目は音楽だ
し、こんなときだからこそ音楽のみえないチカラもきっと、何かのエネルギーを
産むことができると信じています。そんな気持ちで25日に臨みます。
現場に一般の立ち入りが許可され次第、父母を乗せて福島に行く予定です。」

(以下、主催者より転載)

◆3/25 「タイ・バーホー with 吉田こうき」チャリティーコンサートのご案内◆

このたびの大震災により、被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
いまだ深刻な状況は続いておりますが、本当に一人でも多くの方のご無事と、一日
も早い復旧・復興を心からお祈り申し上げます。

3/25(金)の「Ty Burhoe名古屋コンサートwith吉田こうき」は、
出演者・スタッフともに話し合い、チャリティーコンサートとして開催する事と致します。
コンサートの収益の一部を、このたびの震災被災地への募金とさせて頂きます。

わずかな力ではありますが、少しでも 今私達にできることの1つとして、
実施したいと思います。 どうぞ、皆さまのご協力をよろしくお願い申し
上げます。

【内容】
 名古屋を核として全国的に活躍中のシタール奏者吉田こうきさんとザキール・
 フセインの愛弟子 タブラ奏者Ty Burhoe(タイ・バーホー)のジョイントライブ

 ☆シタール&タブラによるラーガ演奏。…時間もゆったりとフルコース内容で
  お楽しみ頂けます。
 ☆そして タブラソロ・メインアクト。…タイによる世界レベルのハイクオリティー
  なタブラソロ。時間もたっぷりお届けです。

今 注目の二人のプレイヤーによる、インド古典音楽の世界を充実の内容で
心ゆくまでお楽しみ頂けます。
春の夕べ、悠久のひとときを是非 共に過ごしましょう。

◆日時:3月25日(金) open18:00 / start 19:30
◆会場:PAL CAFE (吹上)  http://www.palcafe.info
     名古屋市千種区千種3-35-10 MNビル tel:052-733-9223
      アクセス:地下鉄桜通線 吹上駅6番出口より西へ徒歩約5分
◆料金:前売券¥2,800 / 予約¥3,200 / 当日¥3,500 (各1drink別途)
◆お問合せ・お申し込み◆
   主催:RABIT RECORDS 安藤
      tel:090-4862-2764
     mail:rabitrecords@yahoo.co.jp 
◆info◆ http://music.promole.net/harajuntabla/news/

 注)入場者数に限りがあります(限定50名)、お早めにチケットお求め下さい。

 =前売券取扱店=
PAL CAFE(吹上)052-733-9223
名古屋シネマテーク(今池)052-733-3959
ビーナトレーディング(覚王山)052-763-0826
アルファヴィル(覚王山)052-764-2644
INUUNIQ(黒川)052-916-5390
トライバルアーツ(原)052-848-3433
Kanayama80’s(金山)052-671-5760
Sheesha Cafe kemuri(大須)050-1600-2554
キャンドルショップkinari(大須)052-223-1050
material(大須)052-242-0663
麻芽(大須)052-243-7242
島風食堂(新栄)052-263-5286
SAMPATTI Yukie(新栄)sampatti@ti.daa.jp
HALO(あま市)052-446-4488
芸文プレイガイド(栄)052-972-0430

◆タイ・バーホー website http://www.tyburhoe.com/
◆吉田こうき website http://homepage2.nifty.com/gyan/

##################################################################
(以上転載終わり)

何ともいえない心地よさのある音楽です。聴かれたことのない人は一度聴い
てみる価値はあります。床席になるので携帯用座布団など持参された方がよ
いかもしれません。

当日は私(NAOKI)も演奏を聴きに行きます。
THINKERの本も発売されたばかりで、主催者が友人なので当日会場
に持参して販売する予定です。売上は、被災者への寄付に回します。
「マスコミとお金は人の幸せをこうして食べている」

来られる方は、お会いできるのを楽しみにしています!

NAOKI

【地震関連参考サイト】
人工地震の可能性について
●今回の地震を前日に予測した人がいました
http://quasimoto.exblog.jp/d2011-03-10/
http://quasimoto.exblog.jp/d2011-03-11/
http://quasimoto.exblog.jp/i18
http://quasimoto.exblog.jp/14448023/

えっ、地震もビジネスなの!?
●仕込み株について
http://archive.mag2.com/0000154606/index.html
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/206.html

政府が知っていた危険性・政府は誰の見方なのでしょう?
●衆議院予算委員会公聴会で原発震災を強く警告していた石橋教授
http://www.stop-hamaoka.com/koe/ishibashi050223.html

日本人大丈夫かな?
●地震についておさらい
http://satehate.exblog.jp/8924202
http://satehate.exblog.jp/16062644/

読売新聞 1991年5月4日付
「ロシア軍のイワン・エヌレエフ陸軍少将は、強烈な電磁波により
人工的に大規模地震を発生させる兵器が存在する事を明らかにした。
震源地と地震発生地が遠隔地であるように設定する事が出来る。」


以上、何が真実かはわかりませんが、絶望するヒマがあったら、
てんつくマンのように地上に天国を作るようがんばりましょう!

※追記 先ほどのてんつくマンが名古屋で講演会を同日開催するようです。
「東日本大震災に救いの手を」
こちらも見逃せません!

両方行けるか!? 現在思案中。







「最先端世界情勢・新エネルギー講演会」イベント報告

8月21日(土)に名古屋にて「最先端・世界情勢と新エネルギー」の講演会を
開催しました。講演者は、国際情勢専門家ジェイ・エピセンター氏です。

8.21講演会

来場された方々は、猛暑の中おいでいただきありがとうございました。
なかには、九州・関西方面から参加してくれた方もいて、
本当にありがとうございます。

以下、イベント内容を個人的な意見も織り交ぜながら、簡潔
に紹介します。

前半は、アメリカが来年から厳しい大増税の年に入ることや
メキシコ湾の原油流出は、私たちが思っているほど小さな問
題ではないこと、場合によっては世界的な食糧危機をもたら
す可能性があることなどが、海外のニュースや海外の識者の
発言をもとに示されました。

そして、世界的な経済危機、食糧危機が起これば、日本も無
関係ではいられません。

後半は、前回の6月イベントでは伝え切れなかった新エネルギー
と食糧危機対策です。
(前回参加されて今回参加できなかった方には、申し訳あり
ませんでした。この場を借りてお詫びします。)

根本的な食料対策としては、自給自足が基本です。この件では、
教育者であり、農業実践家である小池松次氏の講演動画と著書
が紹介されました。

ワールドフォーラムで2008年に小池氏が講演したダイジェ
スト版動画が見れます。

 「餓死迫る日本」ダイジェスト版動画



下は、小池氏の著書「餓死迫る日本」

餓死迫る日本

また、個人が手軽にできる対策が、食糧備蓄です。

これに関しては、柿渋ハッスイ袋が紹介されました。
売り切れが多いのでなかなか購入しにくいようですが
在庫があるときはインターネットの通販で購入できます。

食料の備蓄や自給自足は、経済崩壊や食糧危機対策になるだ
けでなく、災害対策としても有効なことです。

さて、お待たせの新エネルギーについては、世界各地からの
情報が紹介されました。

オーストラリアのLUTEC社(現在HPは更新中)

トルコのアルペレン・グループのTURXATOR

インドのBEDINIの革新的なバッテリー充電器

アメリカのスタンマイヤー・セル(水燃料ユニット)

イギリスのジョン・サール博士によるSEG(サール効果発電機)
サール博士の伝記映画「ジョン・サール・ストーリー」

日本テクノ・大政社長の水燃料・オーマサ・ガス

東京工業大学・矢部孝教授によるマグネシウム循環型社会
(すでにアメリカの企業が手をつけているようです)

地球の周波数から電気を取り出す機器

などなどです。

これらは最近発明されたものばかりではなく、中には何十年も前に
発明されたものもあります。

では、なぜ普及しなかったのか?

もちろん石油メジャー、既得権益による反発や発明者への圧力(とき
には暗殺もふくむ)があったからです。

現在でもこれらの画期的な発明が、世界で普及するには政府や大手
企業の協力が欠かせません。しかし、どちらも既得権益である国際
銀行家の影響下にあるため、期待できないようです。

では、何がそれを可能とさせるのか?

それは、世界的な経済崩壊(資本主義の崩壊)と食糧危機
なのかもしれません。
このような事態が起きて、はじめて国や市民も新しいエネルギーに
関心を持ち、真剣に実用化を求めることになる可能性があります。

迫りくる危機は、同時にチャンスでもあるのです!

いずれにせよ、世界の今のシステムは持続可能なものではありません。
新しいシステムが必要となるのではないでしょうか。

それは、人々の考え方やライフスタイルも含むものとなるでしょう。

世界で起きつつある私たちが知らない現実を知ることから始め、最悪の
可能性も想定し、それに備えた新エネルギー・食料対策の知識を深め、
「ピンチはチャンスである!」ということで、講演会は完了しました。

前半部分は、国際情勢の予備知識のない方には難しく、時間もぎりぎり
で最後、あわただしくなってしまったことをここでお詫びします。

今回の講演が、みなさんの好奇心を引き出すきっかけとなれば、
幸いです。

THINKER一同も、これからの危機に備えつつ、農業や新
エネルギーについて楽しみながら学んで生きたいとおもいます。

THINKER・NAOKI

こんなのも見つけました。
オーストラリアの発明家による「入力の5倍の電力を生み出す発電機」

この種の新エネルギーは、探せば世界にはまだまだあるようです。


911映画イベントの紹介です

今年の9月11日で、あの世界を震撼させたワールドトレードセンター崩壊事故から、
はやくも9年目を迎えます。

「何をいまさら、、、。」
「911の自作自演説なら、知ってるよ!」
「え、何のこと?」

いろいろな意見があると思いますが、あの事件を契機に世界は、終わりのない
「対テロ戦争」へと突入していきました。


イラン攻撃を想定したアメリカ軍のインド洋上のディエゴ・ガルシア島基地への結集も8月には
ピーク迎えます。

もし、イラン攻撃が始まれば、日本への石油輸出がストップされ、物価高から食料供給が
危ぶまれる声も聞かれます。対テロ戦争と私たちは、けっして無関係ではないのです。

いまさらながらも、911の真相究明には意義があるのではないでしょうか。

ということで、来る9月11日から始まる「ZERO」上映会をご紹介します。
以下、転載。

ZERO 911 バナー
-----------------------------------------------------
「ワールド・フォーラム創立30周年特別記念連携企画」
映画「ZERO:9/11の虚構」~私たちはまだ何も知らない~

東京都写真美術館ホールでの日本初!上映会(レイトショー)
本日7月14日、ローソンチケットでの発売が開始されました!
申込み方法は、↓コチラからどうぞ。
http://worldforum.jp/
------------------------------------------------------
日時 :2010年9月11日(土)~24日(金) 午後 18:40~
場所 :東京都写真美術館ホール(198名)
東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
前売券 :1,500円
当日券 :1,800円(一般)
:1,500円(学生)
:1,000円(シニアおよび障害者手帳をお持ちの方)

------------------------------------------------------
土日・祝日は、本編の上映前にきくちゆみ氏のトークショーあり。
※初日9月11日には、注目のスペシャルゲストが登場します。
※休映日:9月13日(月)・9月21日(火)
映画「ZERO:9/11の虚構」(仮題)
公式サイトhttp://zero.9-11.jp/

制作:イタリア(2007年)
同年 10月のローマ国際映画祭につづいて 2008年 2月にEU議会場で上映、
同じく 2008年の 9月にはロシア国営放送でオンエアされた話題作。
その日本語版がいよいよ、2010年の 9月に登場です。
------------------------------------------------------
転載終了

※明治維新・第二次大戦・原爆投下・国連・911テロ・イラク戦争、
すべては同じ勢力の手によって創作されていた!?

詳しくはTHINKER HP内 「日本人が知らないニッポン」をご覧ください。

NAOKI

THINKERイベント開催のお知らせ

まだまだ続く梅雨の季節、みなさまいかがお過ごしでし
ょうか。

この度、8月21日(土)にTHINKERイベントを
開催することになりましたので、お知らせいたします。
最先端イベントちらし


前回に引き続き、世界情勢研究家・新エネルギー研究家
のジェイ・エピセンター氏に再度、ご登壇いただきます。

ジェイ氏の持つ膨大な情報を講演時間内ですべてお伝え
できず、残りをぜひ聞きたいという多くの参加者からの
声をいただきました。

次回イベントでは、
●8月までの最先端・世界情勢と日本の行方
●危機を乗り切るための知られざる最新技術のご紹介
●金融恐慌など緊急時にできる対策と提案

など、世界情勢とおなじく、最新技術および対策に焦点を
当ててお届けする予定です。

-----------------------------------------------------

■■ イベント開催のお知らせ ■■

『最先端世界情勢2
~最新技術・新エネルギーが切り拓く未来~』


講師:ジェイ・エピセンター氏


日時:2010年8月21日(土)
    13:30~16:50 (13:00 開場)

場所:名古屋国際センター第2研修室 
名古屋市 中村区那古野町 1-47-1
国際センター駅より徒歩5分

参加費:2000円 (事前予約は1500円)


<お問い合わせ・ご予約は、メールかHPか電話にて> 
HP: http://www.thinker-japan.com/
メール:email@thinker-japan.com  
電話: 090-7697-3709  12PM-8PM(担当:NAOKI)

メールでのご予約の場合は、
ご氏名、ご連絡先、参加人数を明記してください。

-----------------------------------------------------
※イベントの開始・終了時間がこれまでのイベントとは
異なりますので、お間違えのないよう、ご注意ください。

※定員は60名です。お早めのご予約をおすすめします。

※参加費に関しましては、今回より500円増しとさせてい
ただいています。参加費内訳は、関東在住の外部講師にお
支払いする講演料・交通費、およびイベント会場費となり
ます。何卒ご理解下さい。

※イベント内容に関しましては、開催日ギリギリまで情報
収集したものになるため、現段階ではアバウトにしかお伝
えるすることができませんが、実際の講演内容は、かなり
細かい最先端世界情勢をわかりやすくつかめる内容となり
ます。ご期待ください!

THINKER NAOKI

THINKER・6月イベント報告(前半)

6月19日・名古屋国際センターにてTHINKERイベント「最先端・世界情勢」を開催しました。
東京から、国際情勢専門家のジェイ・エピセンター氏をお招きした名古屋では初の試みです。

東京での講演でも、常に会場を埋めるほど人気のジェイさんだけに名古屋での初開催も
満員御礼の大成功となりました。ただ、時間の関係で予定内容のすべてがお伝えしきれ
なかったことをここでお詫び申し上げます。

ご来場いただいた方は、本当にありがとうございました!

オープニング画面

いま、世界では本当には何が起きているのか?
それは、けっしてテレビや新聞では知ることはできません。


今回のイベントでは、ジェイさんが世界から集めたニュースをもとに現実に
何が起きているのかを分析し、その対策を提案してもらいました。

膨大な資料とスライドや動画がありましたので、すべてをお伝えできません
が、ポイントをかいつまんで、THINKER風にざっとまとめてみます!

オープニング画面2

日本のマスコミが決して伝えない世界の現実。
欧米では、世界を支配する権力構造に気づき始めた市民が、あらゆるサミット(国際会議)
のたびにデモ行進をしています。それを強制的に押さえつける警察官は、いまや武装して
自国民に対し、あらゆる暴力も辞さない体制です。

2009・G20デモ・ピッツバーグ
動画はこちら→ G20サミットで市民を音響撃退装置と催涙弾で攻撃する武装警官隊

COP15で市民を殴る武装警官
動画はこちら→ COP15で無抵抗の市民を殴りつけ逮捕する武装警官

これがいま世界の先進国で起きている現実です。

武装警官

ポイントは、ジェイさんいわく、「われわれが、ボーっとしている間に、おまわりさんがいつのまにか、
ダースベーダーみたいになっちゃうよ!」
 ということです。

ちなみにデモのあったG20COP15もそれぞれ経済や環境に関する国際会議ですが、実際には世界権力者たちの中央銀行や地球温暖化を利用した新世界秩序(完全な世界統一支配)を作るための手段にすぎません。だから、このように気づいて立ち上がった市民には、容赦ない攻撃が加えられるわけです。

中央銀行や地球温暖化を利用した支配のからくりについては、ここでは省略しますので、詳しくはTHINKERのHP内の日本人が知らないニッポンをご覧ください。

何はともあれ、欧米では状況がここまで進んでいますから、次の標的はわれわれ日本人ということになります。
エコカーに乗って、シロクマに同情している場合ではないようですね。

日本の借金比率

なぜかというと、ご存知のようにギリシャが国家破産した今、その他の欧米諸国も国家の財政赤字が深刻な事態になっています。では、日本は心配ないのかというとまったくそうではありません。上のグラフを見てもわかるように、経済危機が心配されている欧米諸国よりも日本の財政赤字の方がはるかに大きいからです。

一般には、日本の財政赤字は国民からの借金(国債)であり、ギリシャのように外国から借金しているわけではないのだから大丈夫だといわれます。しかし、国際基準を決めているのは、国際銀行家であるわけですから、許してくれるわけがありません。誰から借りていようが借金は借金。国の財政を健全にするためにという名目で、国際会議や外交の際にあれこれ指図を受け、彼らの思うがままに経済を操られていくわけです。

そして、その先に待ち受けているのは国家破産の可能性も含んだ、非常にダメージの大きい経済危機です。

そのきっかけとなるのは、アメリカの経済破たんである可能性が大きいようです。というのも、日本は、戦後これまで国民が必死で稼いできたお金でせっせとアメリカ国債を何百兆円と買い込んできました。そのアメリカが破綻して、日本にお金が返せないとなると、どうなるでしょう。借りたものがつぶれれば、貸した方も同じダメージを受けます。
つまり、アメリカと日本のその運命は経済的な面において、一連托生なのです。

今の状況は1930年代の世界と同じ状況になっています。アメリカが世界恐慌で真っ先に沈んでから、日本もその影響で経済的ダメージを受け、それまで仲のよかったアメリカやヨーロッパ諸国からつまはじきにされ、石油などの輸出をとめられ、困窮して、太平洋戦争へと突入していきました。今回もそれとまったく同じ状況ですが、その二の舞を踏んではいけません。

そこで、ジェイさんが提案しているのが、「NEW WORLD VISION」です。
経済危機が起き、輸出がストップされ、国民が生活にあえぐようになったとき、日本人は、どのようにしたらよいのか? 戦争以外の選択肢が提示されないとき、どのような対処法があるのか?

後半については、また後日お知らせします。

NAOKI
プロフィール

twitterはじめました!
よろしければフォロー
お願いします!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
イベント情報
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR