スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人権とグローバリズムについて考える+4月イベントのお知らせ

以前からポスターを募集するなど、人権啓発運動は盛んに行われてきま
したが、最近また人権キャンペーンがマスコミを中心に目立ってきました。


「人権」という尊重されてあたりまえのことが、なぜことさら今の時代に強調されて
いるのか、ピンとこない人も多いのではないでしょうか。

●人権啓発ポスターの一例

poster_img05.jpg

この意図はどこにあるのでしょう?

本来、人権とは人の権利を守るためにある概念ですが、法務省や電通が
人権キャンペーンをする意図は、グローバリズムの推進にあるようにみえます。


●電通HP 人権啓発の推進

●法務省 人権擁護局フロントページ

TPPを単なるアメリカの策略と観るよりも、FAOやWTOなど国際機関を偽装した
世界覇権によるグローバリズムと捉えるとより深く広い見方ができます。
それと同じように、人権キャンペーンもグローバリズムの一環と捉えると理解しやすく
なります。

国連は、世界各国にパリ原則(人権に関する国内機構の地位についての原則)
を勧告し、日本では法務省がその命令に従い、国家権力を超える「人権委員会」
という独立組織を作るべく人権擁護法案の成立を進めてきました。


これは、国際金融寡頭権力などと呼ばれる一部の欧米エリート層が
独立国内に中央銀行のような国家より上位の独立機関を設立するの
に似ています。

人権委員会の設立には、人権に関する定義や権限の全てを独占し、差別撤廃
という名目で外国人の地位を日本国内で上げる意図があるのです。

グローバリズム推進のためです。


故中川氏は生前、人権擁護法案とその背後の法務省のただならぬ動きに異様な
雰囲気を感じ、警鐘を鳴らしていました。

●人権擁護法案で私は消される 中川昭一氏の生前の発言



この法案は国会で過去3度に渡り審議されながら、潜在的危険性から多数の議員が
反対したため、廃案にされてきました。
そして、民主党になってからは、「人権侵害救済法案」という別名の同じ法案が、
人権委員会設立のために国会の審議を待ち構えています。


日本は、いま押し寄せるグローバリズムの大波の中を漂う子舟のような状況です。

野田首相は、以前消費税増税に反対していましたが、今は増税に命をかけています。
財務大臣のときに、「首相になって、欧米と同じように日本の消費税を上げろ」と支援と
引き換えに命令されたのかもしれません。
以前は反対していた人権侵害救済法案に関しても態度を豹変させることでしょう。

TPPの参加交渉表明を決める当日の国会でも、野田首相はTPPがすべての
国内法を超える力を持つ「条約」であることを知らずにとんちんかんな答弁をし、
国会を中断させる事件がありました。


●11月11日の国会中継 TPPについて無知な野田首相 



15分あたりから、国家の生死を決める重要な質問に回答できない首相に国会が
パニック!全国民視聴必至の内容です。


佐藤議員が指摘するようにTPPに加盟すれば、日本の権利はすべて貿易障壁だ
とISD条項を盾に外資系企業から損害賠償を請求されることになります。


つまり、TPPに加盟すれば世界政府が出来なくても、日本政府、企業、大多数の
国民が欧米エリート層の支配下に置かれることになる構図です。


一国のリーダーが行き先も知らぬまま、国家の舵取りをしている時代です。
「盲人が盲人を導くと二人ともドブに落ちる」という諺があります。
個人個人が自分で情報を精査して調べ、先行きを予測しなければならない時代です。

TPPの先に何があるのか?
一人一人が想像力を生かして考えてみることが必要に思います。


●経済崩壊は誰にとっての危機か? 
JJAYさんの作品です。



前途は多難にみえますが、工業・農業・エネルギー分野などで日本にはこれらの
危機を乗り越える数々の技術や知恵があると思います。

このような時代の中でも、一人一人が日常を大切にする幸せな生き方を
選択されることを願います。



■■4月イベントのお知らせです■■

3回シリーズの第2回です。お寺の和やかな雰囲気の中で行われます。
フッ素・ワクチン・化学調味料の導入された歴史とその潜在的危険性に
ついて、まとめてお話します。

会場から徒歩1分の所に観光名所の三島大社もあり、街道には土産屋や
名物のうな丼のお店が軒を連ねます。まだまだ寒い日が続きますが、当日
はよい時節になっている頃かとおもいますので、ついでの三島観光もお勧
めです。ご来場お待ちしています。

●静岡県三島市・NPO自然派ママたちの座談会主催
「フッ素・ワクチン・化学調味料のホント」

【日時】4月15日(日)開場13:30 開始14:00 終了16:00
【場所】成真寺 本堂
    静岡県三島市大社町7-56 
    最寄りバス停 東小入口より徒歩1分
【講演者】THINKER 
【参加費】1000円
【問合せ】土屋 080-1590-2751 
      Eメール: shizenhamama@hotmail.co.jp

第3回講演の予定は、5月20日(日)の同場所・同時刻、
テーマは「マスコミのホント」です。

スポンサーサイト

⇒comment

Secret

UN とIB

UNのIBプログラムも政府がどんどん浸透させるよう仕組みを作っていますが、これは子供用洗脳機関であるということを公言していただきたい。

エリート国際教育と言う名目にだまされ、日本の価値が何も無いような指導をする仕組みです。
税金を使用するよう政府と組み、その上、私学体制で高額な教育費を個人から取り、試験の採点は海外でやるような怪しい団体です。
アメリカではやっとその正体がばれ始め、地域が排除活動に動き始めました。

Ron Paulもこのことを資料として残していますが、大きく取り上げられることはありません。
彼も今は必死で票を集めているので、それどころではないのでしょうが・・・

海外のインターはIBばかりで子供たちがおかしくなっている状態です。
3歳からIPad, 異常なグローバルリズムの内容を小学校から教え込み、自己の大切さを捨てるよう教育しているように感じます。知り合いが通う小学校では、癌になってしまった友達と同じ状況を味合わせるため、髪の毛を剃るよう精神的圧力をかけ、子供たちの心をわざと傷つけることもしているようです。とんでもないことだと思いましたが、その知り合いは、そこまで人の考えに共感させるように指導することはすばらしいと、勘違いしています。洗脳は巧みです。


一番の被害者は子供

いまや生後たった2ヶ月の子に四種のワクチン同時接種、酷いのは数ヶ月の赤ん坊に五種類の同時接種が常識と化した母親たち。安全性の根拠は医者が大丈夫と言った・医者に奨められたから・不安だけどみんなやってるから。だから我が子も受けねば、母親として予防接種がんばるぞ。そんなお母さんがた大丈夫?犠牲になって頑張っているのは子供ですよ。
プロフィール

twitterはじめました!
よろしければフォロー
お願いします!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
イベント情報
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。