メタンハイドレード採掘!その真意は?

「こんなニュースがある。危険なことが起きているのではないか?」
と読者の方から情報をいただきました。

愛知沖でメタンハイドレート試掘…2月中旬にも

20120118-553711-1-N.jpg

政府は18日、日本の排他的経済水域(EEZ)内である愛知県渥美半島
の南方沖70~80キロ・メートルの海底で、2月中旬をメドにメタンハ
イドレート掘削試験に入る方針を固めた。


次世代のエネルギー源として期待されるメタンハイドレートの海底掘削を
本格的に実施するのは世界で初めて。政府は来年には実際に採掘し、ガス
を生産する試験を行う予定だ。

今回掘削を行う周辺海域には、日本の天然ガス消費量の十数年分と見込まれ
る約1兆立方メートルのメタンハイドレートが埋蔵されているとみられる
「東部南海トラフ海域」があり、掘削試験の対象地点として有望だと判断した。
2011年度予算に関連経費として89億円を計上している。

 液化天然ガス(LNG)は09年度の国内の発電電力量に占める割合が29
・4%で、原子力(29・2%)や石炭(24・7%)、石油(7・6%)を
上回っている。東京電力福島第一原子力発電所事故を受け、政府は原子力発電
への依存度を長期的に下げる方針で、メタンハイドレートの商業化が実現すれ
ば、我が国の電力供給体制の安定化に大きく貢献することが予想される。

(2012年1月19日03時02分 読売新聞)引用終わり

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

以上、政府は原発に代わるメタンハイドレードという論法ですが、
それはチャンチャラおかしいという専門家もいます。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「メタンハイドレートは資源ではない」石井吉徳・元国立環境研究所長

石井元国立環境研究所長

石井吉徳 東京大学理学部物理学科(地球物理学)卒、工学博士
東京大学名誉教授、元国立環境研究所所長

メタンハイドレートは日本のみならず、世界の海域で広くその存在が
昔から知られているが、それを在来型の天然ガスと同じとは考えてこ
なかった。その量は膨大であることも分かっていた。

これが資源として価値があるかどうかだが、メタンハイドレートは濃集
して存在していない。だから資源として価値がない。


しかし一方において掘削時の暴発も大いに警戒されたものである。 
アメリカのバミューダ沖は魔の三角地帯、海底地すべりに伴うメタンの
暴発が船、航空機に災害を起こす地帯として大いに恐れられた。


メタンハイドレートの調査研究には音波探査、ボーリングが欠かせない
が、近年は石油探査に使われる大規模な海洋地震反射法も用いられる。

南海トラフでは、ボーリングによってメタンハイドレートが確認された。
そして2002年には、国際共同作業として、カナダのマッケンジー・デルタ
で永久凍土地帯の浅層を掘削、メタンハイドレート層に熱水注入してメタ
ンガスが回収されている。


日本では最初、エネルギー総合研究所に設置された委員会(委員長石井吉徳)
で1990年ころから研究調査を始められた。その後、石油天然ガス・金属
鉱物資源機構と関連する民間の探査、海洋掘削会社に引き継がれた。

そして年100億円もの税が投入されるようになった。

私が委員長を務めて、(メタンハイドレードが)資源かどうか見極めよう
と述べてから、もう20年ほどが経過した。だが依然としてEPR(エネ
ルギー収支比)による科学的な経済評価は何時になるのか見当もつかない。

その反面、楽観的な話ばかりがメディアに流される。既に利権構造化して
いるのであろうか、「メタンハイドレート・ムラ」が出来上がったようだ。


もう止めにして欲しいものである、税を負担しつつ幻想を追う国民が哀れである。

(オルタナ・オンラインより 引用終わり)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

メタンハイドレードの試掘がただのお金の無駄遣いになる
だけならまだよいのですが、掘削予定の南海トラフに関し
てはこんなニュースがあります。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

南海トラフで巨大断層発見

 東京大学大気海洋研究所(千葉県柏市)などの研究チームは27日、東海、
東南海、南海地震が想定される太平洋・南海トラフで、過去に複数の震源域
で津波地震を発生させた巨大断層を発見した、と発表した。1707年の宝
永地震を引き起こした断層の痕跡とみられるという。

 同研究所は「発見した巨大断層を地震発生モデルに組み込むことで防災研
究にも貢献できるのでは」と期待している。

 南海トラフでは、過去の地震の研究から五つの震源域が想定されている。
これらの震源域が連動して起きる巨大地震では、断層破壊が紀伊半島・潮岬
沖から東西に伝わると推測されていたが、証拠は発見されてなかった。

(時事ドットコム2012/01/27-引用終わり)

中越地震の引き金となったといわれる温暖化対策のCCS(二酸化
炭素貯留)と同様に表向きの目的とは別に地震の種を植え付けて
いるだけという印象がぬぐえません。


本当に税金の無駄遣いとただの危険行為です。

何かできないか思案中ですが、まずは情報拡散から。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

メルマガでも流しましたが、2月5日(日)三島市で講演します。
近辺で、都合の合う方はぜひお越しください。

静岡県三島市・NPO自然派ママたちの座談会主催
「医療について考える-予防接種の罪」
【日時】2月5日 日曜日 開場13:30 開始14:00 終了16:00
【場所】成真寺 本堂
    静岡県三島市大社町7-56 
    最寄りバス停 東小入口より徒歩1分
【講演者】THINKER 
【参加費】1000円
【問合せ】080-1590-2751土屋 
     shizenhamama@hotmail.co.jp








スポンサーサイト

⇒trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メタンハイドレートを採掘へ

ついに動き出したか [おー!/]そりゃ静岡から和歌山の間じゃ日本で消費される天然ガス13年分の埋蔵量しかないだろうけどさ。沖縄までずっと見渡しゃ100年分以上の埋蔵量で世界最大規模になることは確認済み...

⇒comment

Secret

プロフィール

twitterはじめました!
よろしければフォロー
お願いします!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
イベント情報
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR