平成の治安維持法か!?

普段、新聞は読みませんが、ふと外で見かけた新聞記事に我が目を疑いました。

治安維持法

強毒型インフルの流行時に備え、特別措置法を制定する法案が国会に
提出されるそうです。

緊急時には、集会の中止、食品の強制収用、該当地域におけるワクチン
の集中投与と移動制限などが課せられる規定が盛り込まれるとあります。


治安維持法 詳細

これなら、インフルエンザの感染防止と称して、国民を取り締まれます。
この法律が制定され、強毒型インフルの流行が起き、緊急事態宣言が発令
されれば、、、。

同じ目的で審議されてきた人権擁護法案のように反対が起きれば廃案に
なるでしょうが、感染症から国民を守るという建前が通れば、昔の治安維持
法のようになる可能性があります。


ただならぬ一年の幕開けです。

ちなみに今日は1月11日。どんな一日になるでしょう。




スポンサーサイト

⇒comment

Secret

これは戒厳令ですね

通常国会は今月24日に召集するそうなので、今年中に実行する計画なんでしょうか。
流行しているかどうかは「対策本部」が勝手に判断するので思いのままですね。

恐ろしいです

人権を無視した強行は許されない。なんの疑問も抱かず真っ先に接種を受け入れるのは、なんと言っても子を持つ母親たちです。現代の母親と教養は無縁なのか?ただただ、子供たちが可哀想です。
プロフィール

twitterはじめました!
よろしければフォロー
お願いします!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
イベント情報
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR