スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セシウム汚染牛報道の意図とは?

「牛肉からセシウム検出」のニュース。
勘の良い人ならすぐわかるマスコミによる世論誘導のネタです。

原発事故後の動きを初めから追ってみます。
まず、事故直後にアメリカの官邸占拠。
これで事故処理はすべてアメリカ主導に。

後は、日本政府を裏で操って、批判はすべて菅政権に押しつけること
になりました。いろいろ続いた事故処理の不手際もアメリカありきの
ことでしょう。

原爆投下後の広島と同じで、被災者は助けずに人体における
放射能汚染データと復興利権をアメリカに与えることが最優先
の日本政府。戦後60年以上経っても体質は同じまま。


(日刊ゲンダイ2011年4月21日記事より)
⑳

この後、アメリカの要求はエスカレート。
海への汚染水放出まで指示。5月に韓国の講演会で、内閣官房参与
の平田オリザ氏が「汚染水の放出は、アメリカの要請だったと」発言。

後に日本政府はこの発言を否定し、真相はうやむやに、、、。

(全記事を表示するには、記事内をクリック↓)
平田オリザ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
しかし、その前月に東京新聞がしっかり報道しています。


(全記事を表示するには、記事内をクリック↓)
汚染水放出、アメリカ指示
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アメリカが、日本政府を脅して悪いことをやらせておいて、
後でマスコミに叩かせる。いつも通りのパターンです。


そして、「セシウム汚染牛全国へ流通」のニュース。

マスコミの使命は、パニックを煽って国産牛から輸入牛肉へ消費者を導くこと。

消費者には、輸入牛肉とセシウム汚染牛の選択が迫られている感じですが、
不思議なことに元から放射線照射されて殺菌され、ホルモン漬けの輸入牛肉
(アメリカ産は狂牛病のリスクもあり)の有害性は報道されていません。

(全記事を表示するには、記事内をクリック↓)
輸入牛肉

●輸入牛肉について
http://www.naoru.com/gyuuniku.htm

●放射線照射された食品は安全か?
http://wellness7755.com/shoku99/cat30/cat33/2_11.html

根本的な解決法としては、肉食自体を減らすか、やめてしまえば防げる健康被害です。
たとえ、放射能で汚染されてなくても肉の食べ過ぎから引き起きる成人病は多いことが
わかっています。

●食養生・マクロビオティック・COM-動物性たんぱく質の摂り過ぎ
http://healthy7755a.com/shokuyoujou-macrobi/2/cat294/3_13.html

どうしても肉が食べたい人でも、食べる肉の量を減らせば、取り込む放射能も当然
減ります。

国産牛肉の放射能汚染を恐れて、輸入牛肉へ走るのは意味のないことです。

あらゆる食品への放射線放射を義務づけようと動いているのは国連内の
コーデックス委員会。

国連は、公的機関を装ったロスチャイルド財閥の所有物です。
●日本人が知らないニッポン
http://www.thinker-japan.com/thinkwar.html

そして、当然の如く、コーデックス委員会の主要な役員は、
欧米財閥の大手製薬企業の重役揃い。

●動画:コーデックス委員会の正体


ナチュラル・ソリューション・ファウンデーションのリマ・レイボー博士は、2005年のNANP(全国栄養学専門家連盟)の講演で、コーデックス委員会について述べています。

「我々市民の敵が誰であるかお教えしましょう。これから言うすべてのことは、私の想像でも、勝手な解釈でもありません。すべて事実です。ある人たちによって、取引委員会というものが設立されました。正式名称は「コーデックス・アリメンタリアス(コーデックス委員会=国際食品規格委員会)」というものです。それは人々の健康に関する組織でもなく、消費者保護のためのものでもありません。単なる取引委員会という枠組みの組織です。この委員会は、国連の要請によってWHO(世界保健機関)とFAO(食糧農業機関)のもとで設立されました。
アメリカ国内でこの委員会はあまり知られていませんでしたが、1994年にこの委員会は、栄養素は毒であると宣言しました。栄養は、危険な毒物であると定義したのです。栄養素は毒であるため、毒物から人々を守らなければいけない。臨床的に治療効果の高い栄養素は、麻薬と同等の毒物として法律で禁止するというのです。医者が処方箋も書けないような毒物として位置づけようという考えなのです。そして、彼らが主張するのは、全ての動物は抗生物質と成長ホルモンで育成および処理されなければならないというものです。また、地域で生で食されるもの以外、全ての食品は放射性照射を受けることを義務付けています。
国際食品規格委員会(コーデックス委員会)のHPを見て、ご自分の目でみて確認してください。非常に恐ろしい毒物のリストがあります。ダイアルドレン、アルドレン、ヘキサクロロベンゼンなどです。これらの汚染物質が付着した輸入食品は、国境で止められることなく入り込んできます。もし、危険だといって輸入を禁止したら、取引違反となります。それがコーデックス委員会が存在する理由なのです。
WHOとFAOによる疫学的予測では、ビタミンとミネラルの指標計算だけでも国際基準が施行される2009年12月31日までに少なくとも30億の人々が死ぬだろう試算しています。未来に生き残るのは、食品に毒物を入れる仲間から毒物をきれい取り除いてもらえる一部の裕福な人達でしょう。我々や我々の子供達ではないのです」
(動画要約以上)

2009年までに30億の人口が死ぬ計算(計画?)は、外れて
いますが、彼らが意図していることは、コーデックス委員会を通
じて、食品中の酵素やビタミンを破壊して栄養素をなくすことです。

ビタミンや酵素などの栄養素を失くした食品の摂取により、世界中に
大手製薬産業の顧客である病人が増えます。

放射線照射の名目は「食品を腐りにくく、長期間保存できるようにするため」です。

日本では、食肉への放射線照射を義務づけていないため、彼らの標的にされる
のも当然といえば、当然のことです。

国産牛も輸入牛も危険ということであれば、心配な人は肉食をやめるか減らせば
よいという単純な結論です。

相変わらず、正義を装って欧米財閥のために働く「マスコミ」は、
対応が不十分な日本政府よりも一番の社会の敵であることを改
めて認識する必要があるかもしれません。


NAOKI



スポンサーサイト

⇒comment

Secret

Re: No title

そういうことでしょうね。
情報ありがとうございます。

> 「日本の正体」イベント高橋五郎の発言より。(Twitter)
> https://twitter.com/#!/akira2047/status/81161694067433472

近所の本屋に在庫があったので今から買いにいくところです。

裏情報ですが、マク●●の主催者は、普段は肉を食べていたそうです。付き添ってた側近から聞きました。
ちなみに彼はガンで亡くなりました。

あれは宗教に近いものと考えていいでしょう。健康宗教。
お金の流れがあるものは全て裏がある。

健康食品業界もかなり胡散臭いですよ。
ラから始まる天然甘味料だってほとんど砂糖が入ってるわけですよ。
プロフィール

twitterはじめました!
よろしければフォロー
お願いします!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。