スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素晴らしい日々

今日は、詩的な一日でした。私的な日記をつけてみます。

素晴らしい日の出だ! すがすがしい。
朝起きると、空には長い飛行機雲。 朝から何本も名古屋の空
を西から東へ飛んでいる。

ケムトレイル

さてテレビをつけると、また新ネタで「小沢叩き」
みのもんたと評論家たちが朝から総出で、腐敗した検察を解体すべく
捜査の可視化を進める小沢氏を叩いて、イメージダウンを図っている。
サル達が朝からわめいている、失礼ながら動物園のようだ、、、

小沢叩き

チャンネルを変えると、「名古屋市議会リコール署名が却下」
市議会リコールのために集まった46万5千票以上集まった署名の内、11万
票以上を無効にしてリコールを却下した選管の伊藤氏。
レポーターをせせら笑って、自分が正義だと主張している。
「どうせ、自分の署名も無効にされたな~」

名古屋市議会リコール署名・却下

あからさまな不正じゃないかと、あきれつつ、ついでにNHKもチェックする。
最新医療は、国を挙げてがん治療に専念するという。ホメオパシーを叩いて
おきながら、何とも人を食った話だ。これだから、頭のよい人たちは困る、、、

がん治療に専念

最近は、こんな状況にもとっくに慣れてしまって、腹も立たない。
ただ、なぜこんなとんでもないことが平気でまかり通るのかという疑問だけは残る。
そこで、何か良い策はないかと考えをめぐらす。
そうだ!携帯電話という文明の利器があるじゃないか。

まず、あの飛行機雲のことから聞いてみようと、中部空港(セントレア)に電話してみる。
すると、中部侵入管制区に電話をまわしてくれた。
「あの飛行機はどこのですか?」とたずねると、レーダーには全て映っているが、
飛行記録に無い飛行機だという。4500メートル以下は中部の管轄だから、管轄
内の飛行機ではないだろうとのこと。それより上空のことは知らないから、東京に
電話すればわかると親切に教えてくれた。

次に教えていただいた東京航空交通管制部に電話する。総務部長の方が電話口に出た。
「いま、名古屋を飛んでるたくさんの飛行機はどこのですか?」と聞く。
たくさん飛んでるから知らない、特定できない、忙しいからデータは出せないとの答。

「日本上空を飛ぶ飛行機は、全てフライトデータを出す義務がある。例外は、米軍と
自衛隊の作戦飛行のみ。どれだけでも待つから、教えてほしい。」と言うと、同じよ
うな質問を受ける。困らせないでほしい、データは出せないと繰り返す総務部長。
回答マニュアルがあるようだ。

これ以上、いい大人を困らせてもいけない。「すいません。困らせてしまって」と退散!
とりあえずは、ケムトレイルはともかく、よく飛んでいるあの飛行機群が正体不明で
あることがはっきりした。心がまた、スッキリした。

そうこうしているうちに飛行機雲は十数本を数え、空は真っ白に、、、

ケム空

次に曇り空の中、もうひとつの疑問を胸に区役所へ。

名古屋市議会のリコール署名を自分の目で確認できるのだ。
今日がたまたま、その縦覧最後の日。
どんな不正がまかり通っているのか、よい暇つぶしだ。

縦覧会場に入ると、さっそく金切り声が聞こえる。
そこには一組の中年夫婦の姿が。ご婦人の方が、自分の署名が勝手に
無効にされていたことに抗議している。たいへん、ご立腹だ。
係員も少ないので、署名用紙を勝手にたくさん見てやった。
かなりの数に無効の印が押されている。これらの人たちは、きっと自分の
署名が無効になっていることなど知らないだろう。
さて、自分達の署名は、、、。案の定、二人のうち一人が無効にされている。
期待してないから腹も立たない。抗議するよりも、まず「選管は誰が選んで
いるのか?」と聞いてみる。
答えは、驚き、市議会だという。なるほど、「選管=市議会」
選挙管理委員会と市議会が同じなのだから、リコールが通るわけがない。

これでまた、ひとつ謎が解けた。
制空権も中立な選挙も民主主義も存在しない。
確認できてスッキリした!
きれいなおとぎ話より、ただ現実が知りたい。
幻想などいらない。
今日は、朝起きたままにすがすがしいラッキーな日だ。

ケムトレイルの飛び交う中、気にせず気持ちよい空気を
吸いに近くの山へ散歩に行く。
そこには龍神が祭ってある。
ゴルフ場の建設でこの世から姿を消したが、5メートル
を超える大蛇がかつて住んでいた。
消え去る前に数十名の人が目撃して、当時新聞記事にもなった。

龍神は善なのか悪なのか、科学は善なのか悪なのか。
ケムトレイルの雲が龍に見えて、少し前だが絵を描いた。

タイトルは、「ケム・ゴッド」
太陽をさえぎり、煙をばらまき、空を舞う科学の神。
下のテレビヘッドは、意味のわからない大衆を表す。

CHEMGOD.jpg

どんなに残虐で冷酷なものでも視点を変えると、滑稽でときに美しくみえてしまう。
アートになってしまうのだ。
原子爆弾のキノコ雲、ケムトレイルが残す霧状の雲、、、
社会も同じだ。とてつもなくおかしな社会でも見方を変えると、
滑稽で美しい。
こんな見方をするものだから、あまり腹の立つこともない。
心の底では、すべてがどうでもよい、なるようになる、
なるようにしかならないと感じる。

ただ、人間としてやれることはやる。次の世代のために。
それでTHINKERをやっているとおもう。

幸い、ぼくの周りは、理解があってTHINKERを応援してくれる
人たちばかりだ。世界がおかしな方向に向かっているかもしれ
ないが、個人的には愛すべき人に囲まれていて幸せだ。

今日は、素晴らしい一日だった。
悪人も善人も世界のみなが幸せであること願う。

NAOKI








スポンサーサイト

⇒comment

Secret

No title

案の定、二人のうち一人が無効にされている。期待してないから腹も立たない。「選管は誰が選んでいるのか?」と聞いてみる。答えは、市議会だという。「選管=市議会」選挙管理委員会と市議会が同じなのだから、リコールが通るわけがない。http://j.mp/fM7leI

Re: いつも拝見させていただいています

そうですね。アドバイスありがとうございます。
歴史的に見ても、中国は国際銀行家が植民地にして支配したり、その後もアメリカと協力して日本と戦争したりと人種的に仲間なのか敵なのか捉えどころがありませんね。
国際銀行家が重心をアメリカから中国に移している話もありますし、国際銀行家の大企業がどんどん北朝鮮に進出しているという話も聞きます。
また、北陸沿岸には頻繁に密航船が難民を乗せて入国していて、ニュースでは流れないだけで地元では公然の秘密のようです。また中国の資本家が日本の離島や山やホテルなどの不動産を買い漁っているとの話も気になります。これは、政府が対処すべき問題だとおもいます。
また、北朝鮮の背後には中国だけでなくイスラエルとアメリカの軍事産業がついているようですから、国に照準を合わせるというよりは、国際銀行家とその配下の政治家という観点で、物事をみるようにしていくことが大事だとおもいます。中国では「ロックフェラーの完全支配」が大学の教科書として採用されているようですから、将来中国からアジア民族主義の立派な政治家が出てくる可能性は、日本より期待できるかもしれません。中国については、まだまだ勉強不足なのでもう少し勉強をしてみます。
プロフィール

twitterはじめました!
よろしければフォロー
お願いします!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
イベント情報
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。