スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本物とニセモノ 「亀井静香の言葉に耳を傾けよう!」

[本物の人間]と[ニセモノの人間]について考えました。

いろいろと観点はあるでしょうが、簡単に言ってその区別は、
その人間の言動と志にあるのではないかと思います。

そのわかりやすい例として、政治家の亀井静香氏と竹中平蔵氏を取り上げてみます。

亀井静香・竹中平蔵


「日本経済の復活と対米自立」を望む亀井氏と、強い個人が社会を引っ
張っていくべきという「新自由主義と対米追従」の竹中氏。


亀井静香氏・竹中平蔵氏ともに、元・内閣府特命担当大臣(金融担当)という
同じ立場にいた人間でありながら、その思想は真逆です。

要職を去った後の二人が、どんな活動をしているか追ってみました。

まず、亀井氏は、市民団体である「日本経済復活の会」の講演で以下のような
発言をしています。

(※この会では、4月のTHINKERイベントで講演頂いたフリージャーナリストの
高橋清隆氏が司会を務めています)



注目すべき発言は以下の通りです。

2:28-「一日本人として、一人の人間として、、、こんなことをみなさん方に申し上げるとがっかりさせるかもしれません。また歴史の推移を感知する能力が私にあるとも思っておりません。鈍い私かもしれませんが、もうこのままでは、この日本列島は、アメリカ大陸とロシア大陸の間で、今までは中国大陸と言ってましたが、あえてロシア大陸と言いますが、もう、沈没してしまう。残念ながら、そういう状況に入ってきてしまった、、、。

5:32-「自分の気持ちのウソまで言って政治活動をやる気はないんです。」

9:26-「私も怠惰な男でありますけれども、怠け者でもちゃんとした心の意を持っておればいいわけであります。」

10:00ー(最近の弱者切捨ての日本社会の風潮について)「これが日本人の社会ですか? これが、もっと言えば、人間の社会ですか? -中略- 確かに生活環境に関して言えば、歴史上、ここまで日本の社会が便利になったことに間違いはありません。しかし、心の交わりについてはどうか? -中略- 人間らしいレベルになってきているとは思えない。 -中略- 産経新聞によれば、派遣社員が正社員になること(収入が上がること)に日本国民の84%が反対している。他人が幸せになっていくことに関して、「けしからん!」という風潮になっている。」  




9:21- 「銀行は、勝手な商売(投資のマネーゲーム)をしておきながら、バブルがはじけて大量な負債を抱えたときには、国民の税金である公的資金でどうにか生きながらえた。それが、今、みなさん、彼らは税金払っていないですよ!東京三菱も三井住友も何百億も儲けているじゃないですか!なぜ、儲けているのに税金を払わなくて済むのかといえば、損失の繰り延べやっているからですよ。国民のお世話になって立ち直ったそういう連中が、庶民や中小零細企業に対して、融資をしないどころか、貸しはがし(※借金を無理やり取立てるために、これまでの融資を減額したり、取りやめること。結果として中小企業は倒産し、担保は銀行に乗っ取られる)して、取引先を潰すことを恥じることなくやっている。
私は、この状況を変えるためにモラトリアム法案(※中小零細企業の債務返済を一時的に免除することにより、中小企業を倒産から守り、日本経済を安定化させる法整備)を出したのですが、金融界・マスコミは、「亀井は気が狂った」と大合唱ですよ。-中略- 私は言いました。あなた方は、まず税金を払って、金融機関としてやるべきことやってから文句を言え、と。本来なら、こんな法律を作る必要はないが、君たちがちゃんとしないからやるんだ!」


以上、元警察官僚として、数多くの誤認逮捕や冤罪を目にしてきた経験から、
政治家に転向し、死刑制度廃止に積極的に取り組んでいる亀井氏ならではの
弱者救済の思い、人間らしい心ある発言です。

さて、その一方で竹中氏のその後の活動は、どうでしょうか。
こんなサイトを見つけました。

エコノ・インサイト /ファイナンシャルアカデミー

このサイトで有料の経済知識を伝える活動をしています。
竹中氏の主張は、以下の通りです。

「みなさんこんにちは、竹中平蔵です。みなさんは経済や金融、財政といった社会の問題にたいへん関心がおありだと思います。-中略- 経済の情報は溢れていますが、新聞雑誌を含めまして、マスコミの情報はバイアスがかかっていると、みなさんも感じておられるのではないでしょうか。

このエコノ・インサイトの仕組みを活用して、皆さん自身が高い問題意識をもって、そしてみなさんがこの経済社会を生き抜く力を自主的に付けていただきたいと思います。

要は、竹中氏と小泉首相がアメリカに命令されて導入した新自由主義(アメリカの弱肉強食のシステム)の中で勝ち残った勝ち組の人々にこれからの更なる生き残り競争の知恵を授けようというものです。

「弱者の立場に立つ」亀井氏と「強者の論理」の竹中氏。

対照的な二人ですが、政治と言う観点から考えれば、亀井氏の弱者の立場が
本来の政治のあり方ではないでしょうか。

なぜかといえば、極論かもしれませんが、新自由主義、自由競争という論理に
立てば、政治や法律などの社会の規範自体が、そもそも必要ないですから。

完全にルールなしで、徹底的に殺し合いをする。
それこそが、新自由主義の「フェアな競争」というものの正体です。

『強者=善』

最後には、地上にたった一人の強者だけ。それまで、争い続ける。

この論理は、突き詰めれば、「きちがいの論理」ではないでしょうか。

(※実際には、血縁関係で結ばれた一部の支配者層の権力が絶対的なもの
になるまで推し進められる競争原理)

その論理をあたかも政治的に正しいものとして主張する新自由主義は、
アメリカの市場経済原理主義=お金がすべてであり、政治とはかけ離れ
た、政治の皮をかぶった金権的暴力です。

また、竹中氏の「生き抜く力」と言うのは、サバイバルであって脳の機能
からすれば、生存本能であり、人間の脳機能の面からとらえれば低次元の
機能です。

それは、原始時代に必要だった脳機能であり、それを司るのは、爬虫類脳
とよばれる大脳古皮質です。まさに「弱肉強食」「競争原理」動物レベル
の思考回路です。

私たちは、「人間」です。
動物の面も持ちながら、それ以上の存在です。人間はきちんと感情と頭を
使えば、動物以上の存在になれるはずです。

脳と心のハンドブック 脳の構造について

ソフトなルックスの竹中氏と型破りで野蛮にみえる亀井氏。

竹中氏・亀井氏

どちらが人間としてホンモノか、外見とマスコミ報道に惑わされず、
その言動と志で判断したいものですね。
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

No title

とても感銘を受けるブログです。いつも拝見させて頂いております。
亀井氏は正しいのか 間違ってるんじゃないか
わがままなんじゃないかと マスコミ報道に接する度に思っていた自分が恥ずかしいです。

亀井さんの言うとおり ギスギスして人と人とが憎しみ合ってるような社会に 愛のない社会になってるような気がします。
もっと人間として当たり前に幸せを感じ
人間が人間らしく伸び伸びと生きていける社会になれば もっと幸せに自由になれるんじゃないかと思っています。


ザ・シークレットという動画をyoutubeで見ました。
思考が全てを引き寄せているという趣旨の欧米で大ヒットした映画?のようです
その中にポジティブな感情は ネガティブな感情よりも数百倍も強いということが科学的にも証明されている という発言が紹介されていました。
いつも心地良い感情でいれば どんどん幸せになっていくという考え方は 自分は正しいのではと思っています。この考え方を知ってとても楽になった気分です。
ネガティブな事件のニュースや出来事に
惑わされて疑心暗鬼になっていた自分がいます。
皆同じ地球の仲間なんだ と日々これからは思うように生きていこうと思っています。
仲間であれば人がミスをしてもネガティブなことをしても思いやることができますよね。

お釈迦様が本来教えていた教え(原始仏教)の指導者の方の本を最近読んでいて
そこにも、お釈迦様が教えたことは単純なことで、幸せになるには人の幸せを願うことという趣旨のことが書いてありました。

僕はこのような志の高い 素晴らしい活動をしていらっしゃるThinkerブログとThinkerの関係者の方々に非常に嬉しく思うと共に敬意を表したいです。
ありがとうございます。

Re: No title

コメントありがとうございます!
わたし達も応援してくださるいろいろな方々から情報提供をいただいたり、
教えていただいたり、無償で貴重な情報を発信している先人の方々からの
恩恵で、いろいろと世界の実情を知ることが出来ました。

情報革命こそが、人類の意識の進化に貢献すると感じています。

11/21全国一斉デモ行進に向けて

亀井静香氏の日本を想う心は、心から発する言葉として深く頷くことができます!
他方、口舌の徒タケナカの軽薄な屁理屈は聞きたくもありません。
まさに「本物とニセモノ」の対照的な事例ですね!!!

同様に、小沢一郎とコイズミという「本物とニセモノ」の典型ですね!!

亀井氏小沢氏とも、米国権益よりも日本国益を重視する本物の政治家ゆえに、
米国勢力の支配下にあるマスメディアの不当な偏向報道にさらされ、
「本物の二人」の正しい姿が国民に知らされないようになっているのです。

リンクしていただいているブログ「父さんの日記」には、本物の心あるブロガー
利他不動さんが、メディアの報じない正しい情報を伝えてくれています。


また、小沢氏への検察審査会の2度目の起訴相当議決をきっかけに、
「権力とマスコミの横暴に抵抗する国民の会」主催のデモ行進が行なわれたことをご存知ですか?

「小沢真っ白」を提唱する一個人‘檀公善’さんらが中心となって計画され、
10月24日と11月5日の2回、銀座と新宿で千人規模のデモ行進が行なわれました。
主なテーマは、反検察・検審、反メディア、小沢真っ白などでした。
参照:http://www.asyura2.com/10/senkyo98/msg/143.html
http://www.asyura2.com/10/senkyo99/msg/104.html

今、ネットでの呼びかけから具体的な市民運動になろうとしています!
リーダーの檀さんは、何の組織にも属さない現役をリタイアされた一市民ですが、
今の日本の政治経済社会の酷い状況に強い危機感を抱かれ、
日本の将来のために動かずには居られないと、手弁当で全国を駆け回ってみえます!!!


その檀さんが、下記呼びかけをされています。
『11・21(日)全国10会場で同時デモをやりませんか?札幌・仙台・新潟・東京・名古屋・大阪・広島・高松・福岡・那覇』
http://www.asyura2.com/10/senkyo98/msg/794.html

その同時デモの下準備として、6日に名駅で学習会があったのですが、
自分は都合が付けられず出席できませんでした。
名古屋での活動とあれば、THIKERの皆さんのご協力をいただければ
成功の可能性も高まるのでは!!?と大いに期待したいのですが、
この件について、みなさんはご存知でしょうか?

上記リンク覗いていただき、是非一緒に行動してみませんか!!!?
具体的にご検討いただければ幸いです(^^)v


Re: 11/21全国一斉デモ行進に向けて

ご感想とお誘いありがとうごいます!

小沢氏の過去の政治活動と方針(湾岸戦争時のアメリカへの協力と国連中心主義)にはとても賛成できるものではありませんが、検察とメディアの暴走を止めることに関しては大いに賛同するとともに、デモ行進は平和的なものである限り、マスコミ報道のウソに気づいている市民が多数存在することを知らせるという社会的意義もあるとおもいます。21日のデモには、そのような意識をもった市民と協力するという意図から、参加を検討してみます。

13日の準備の打ち合わせ会にご参加いただけませんか!??

レスコメントありがとうございます

>小沢氏の過去の政治活動と方針(湾岸戦争時のアメリカへの協力と国連中心主義)
>にはとても賛成できるものではありませんが…
おっしゃるとおりですね!!?いろんな状況があったんでしょうが、当時は小沢氏が率先して
90億ドルでしたか?支出を決めたような記憶が残っています。
そして現在でも外国人参政権の問題とか、あれれ?な主張もあるのですが、少なくとも
小沢グループの立ち位置は、国民の方を向いていることは確かではないでしょうか!!?


>検察とメディアの暴走を止めることに関しては大いに賛同するとともに、
>デモ行進は・・・・・・・・・・・・・・・という社会的意義もあるとおもいます。
>21日のデモには・・・・・・市民と協力するという意図から、参加を検討してみます。
前向きな意思表明ありがとうございます。

今回のデモ行進は、核となる組織が先導して行なうものではなく、権力とメディアの
ウソに気付いた個人個人が止むに止まれぬ切迫した思いをぶつける場を求めて
集まって来られるはずです。はたして東京のように、千人規模でというわけには
いかないでしょうが、百人以上は集まるのでは!?と、期待しています。

名古屋デモに関する情報は、真っ白掲示板http://massiro12.bbs.fc2.com/
に決定事項などの情報が掲示されるようになっているので、ご参照ください。

またデモは21日ですが、今日13日PM1時 栄 中日ビル1Fロビー集合にて、
打ち合わせ会が行なわれます。アラカンの4名(ボクは都合付かず欠席)が現在の
出席予定となっています。近藤さん堤さん篠田さん妹尾さんですが、東京デモに参加
された近藤さん以外は市外の方で、みなさんほとんど初対面なので、もしやTHINKERの
メンバーさんがそこに加わっていただけたら、百人力だと思います!!!

なんら組織のないところから、デモ行進というイベントを、しかもあと一週間という短期間で!??
明朝までにこのコメントに気付いていただけることを期待しながら、休みます。
どうか覚醒した市民の手作りのデモ行進を応援してご協力くださいm(__)m

加藤和彦

Re: 13日の準備の打ち合わせ会にご参加いただけませんか!??

たしかにそうですね。外国人参政権など中国ありきの政策で、
「自民か民主か?」「菅か小沢か?」「アメリカか中国か?」
どちらもベストではないけれど、どちらかを選ばなければなら
ないというレベルの意識からはやく脱したいものですね!

本日の打ち合わせは、THINKERから一人参加するので
詳しい内容については聞いておきます。
プロフィール

twitterはじめました!
よろしければフォロー
お願いします!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
イベント情報
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。