スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大東亜戦争の英霊供養

ゴールデン・ウィークはいかがお過ごしでしたか。長かった休みも終わり、仕事も再開した所でしょうか。
GWに三ヶ根山の百八観音に英霊供養に行ってきました。いきさつは、英霊供養を主催されている神主さんとご縁を頂いたことがきっかけです。

百八観音

愛知県の三河湾を望む三ヶ根山頂上には、戦後の軍事裁判で処刑された東条英機以下、七人を祀る殉国七志廟があり、そばには、大東亜戦争の帰還兵が戦士した英霊を祀る慰霊碑が当時の部隊ごとに無数立っています。自分が参列させていただいた供養会の会長さんは元・陸軍のお偉いさんで御年96才。供養の後、懇親会で戦争体験の生の声を聞く貴重な機会を得ました。

私が聞いた要点は次の通り。「今の人は先の戦争をただの殺し合いと勘違いしている!それはまったく違う!お互いに国際法をしっかり守るという規約のもとに行った外交である。今の若い人は学校で教えられていないからこんなことも知らない。戦争では、領土獲得を目的に攻撃し合うが、武装した軍人同士の間でしか、攻撃や殺害は許されていないというれっきとしたルールがある。日本の人は真面目にそれを守ったが、連合軍はどこの国の兵隊も皆、戦争が始まると途端に野獣と化し、法を一切守らなかった。われわれと交戦した蒋介石はわずか一週間で敗走。リーダーを失った兵隊は軍服を脱いで、民間人に化け、武器で攻撃してくる。その便意兵相手に日本軍が戦ったことが、今では“南京大虐殺”と呼ばれている。ロシア軍も両手を上げて降参する敵兵を容赦なく撃ち殺した。米軍は御存知の通り、本土大空襲と2発の原爆投下で民間人虐殺という国際法・戦争のルールを完全に破った。その後、日本軍も“相手がここまでルールを無視するならば!” と、敵軍の戦車の吸気口に青酸ガスを入れる作戦まで立案したが、これは終戦間近のことで実現しなかった。戦後の日本の教育は堕落している。ドイツの教育省のア〇〇〇〇(名前忘れました)は戦後、連合国に教育を変えろと言われて、“ドイツの教育は世界に冠たるもの。それを言うなら、もう一度戦争が必要だ!”と突っぱね、ドイツの教育を守った。日本はどうか?森友問題であの学校が問題視されているが、そこで教えられている教育勅語は人間として全く間違ったものではない。親を敬って、国家や人のために勉強して知性を磨く。そのどこが悪いのか?教育が堕落すると国家も堕ちる。一度、堕ちた民度がもとに戻るのには長い年月がかかるだろう。しかし、悲観はしていない。いずれ日本は蘇るだろう。この歴史を後代に伝えてほしい」

この話を90半ばの人が、淀みなくスラスラ、理路整然と話されていたことが驚きでした。昔の日本人の気高さ、知性、民度の高さを思い知らされ、自分の無知に恥じ入った感じです。(供養と懇親会には全国から高齢の方が集まり、80代以下、70代、60代はまだ若い人という感じで、30代と40代は3名のみでした)
日本経済の発展は、戦後、日本人が頑張ったからとされますが、大東亜戦争で人間性を失うことなく誇りを持ち続けた(多くは子孫を残すことなく散った)英霊たちがその生き様を示したことに遠因があるのではないか、と感じた瞬間でした。

また、前回の供養では元自衛隊の方に慰霊碑を案内していただいた時、「大東亜戦時中には(理系、数学などに強い)優秀な若者たちを前線に送り込んでいた」と聞いた覚えがあります。(細部の記憶が定かでなく、間違っているかもしれません)
ひょっとして、中国の文化大革命やカンボジアのポル・ポト派の虐殺のような側面もあったのかもしれません。

その後の戦後教育では、連合国側から反戦平和の左翼思想が吹き込まれ、どれほど日本人の知的レベルが下がってしまったのかは想像を絶しますね。
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

岩上安身さんのインタビュー記事

こちらも必読でしょう。
【IWJブログ】南京大虐殺・従軍慰安婦を「なかった」ことにする歴史修正主義者の「嘘」を一次史料にもとづき徹底論破する~岩上安身による能川元一氏インタビュー第2部
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/132386 @iwakamiyasumiさんから

第一部http://iwj.co.jp/wj/open/archives/127694

政治的立場を支持しない理由

ありがとうございます。
岩上さんとは友人のジャーナリストを介して、当時国民新党の亀井静香氏の講演で一度お会いしたことがあります。子宮頸がんワクチン被害者への取材については彼の活動は尊敬します。先に自分の立場を言いますと、能川さんも百田さんのどちらの肩を持つ気もないのででご安心ください。(百田さんのような影響力のある人物が現政権の右傾化を後押しすることには賛同しませんし、一方の能川さんも90代のまだ生きている当時の詳細を知っている元軍人から話を聞いたともおもえないからです。英霊供養の会にも彼の世代の人で同様の考えを持って参加される人がたまにいるそうです。彼らはまだ自分が生まれてもいない時代の話をさも自分の方が知っているかのように年上の人に話すので、旧教育で育った軍人たちは開いた口が塞がらなかったそうです)

ところで、大東亜戦争の当時も好戦派にも反戦派にもそれぞれ今と同じ2種類いました。2X2で4つの立場です。
主流派の右翼・好戦派は国民を騙しながら、欧米の裏権力と結びついて戦争(八百長プロレス)をして私腹を肥やした一派。この一派が現政権の一部。
そして、主流派の反戦派は日本を弱体化するために動いていた左翼勢力で、こちらも欧米の裏権力を結びついていた一派、ヨハンセングループなどで、現政権につながってます。

自分個人の立場としては主流派でない方の好戦派・反戦派双方の意図に共感するものです。主流派でない反戦派は、議定書を研究して戦争の裏に国際金融がいることをかなり細かく知っており、その計画に乗せられないために反戦活動をしていました。具体的に言うと、国際政経学会ですね。一方、主流派でない好戦派は、アジアの五族協和のための満州国設立と白人からアジアの植民地開放を目的に活動した一派です。具体的にいえば、紅卍や大本。もちろん、主流派でない好戦派も反戦派も議定書研究から得られた同じ情報を手にしていたので、目指す方向は同じであっても、そのビジョンの規模は政治と宗教ですから、大きく違ったいたわけです。今、現在の不幸を少しでも回避しなければという反戦派と、毒を喰らわば皿までと戦争という大峠を越してこそ、日本と世界の真の繁栄は訪れるという意識的霊的好戦派です。

このように、議定書レベルまで、研究して持つ見解なら、どちらも心情的に支持できるというのが自分の見方です。
国際秘密力の深みまで研究しないのであれば、左翼でも右翼でも意味はありません。というのも、どちらもコントロール・オポジション(支配者側にマスコミや言論人を通じて、計画的に生み出された人々のグループ。思考範囲と哲学的規範とそこから取られる行動までが完全に支配者側に想定され、制御されている人々の集まり)だからです。

話は戻りますが、先の議論では岩上さん・能川さん(市民の支持を得たネオ左翼)VS百田さん以下、自民の右傾化支持の有名言論人も全くこのような構図だとおもいます。なので、全くどちらにも与する気になれません。

議定書や最近復刻された「ユダヤの人々」などを読んだほうが今の政治を追っているより、一市民としては未来への明確な視点を得れます。その点、岩上さんも国際秘密力をあまり深く調べすにただ反政権活動で支持を得ているのでは、とおもいます。間違ってたらすみません。郵政民営化の真実を暴いた植草さんも国際秘密力のことはあまり深く知らないということを知人のジャーナリストから聞いたことがあります。自分があれほどの被害を受けながら、背後の国際的陰謀は信じていないそうです。もちろん、植草さん・岩上さん、双方の活動は尊敬しますし、共感する所も多いです。ただ、彼らから情報を受け取る一市民としては、主流派でなくともあるオピニオンリーダーの視点や取材内容だけを自分の情報の守備範囲としていたら、テレビを見ているB層と大して変わらないような気がします。

以上は、ある特定の見方を批判するための意見ではありません。あくまで個人的見解を述べたものです。気を悪くされたらすみません。
今後は議定書研究や議定書の知識なしの政治的議論はしませんのでよろしくお願いします。情報提供については、感謝します。ありがとうございます。
プロフィール

twitterはじめました!
よろしければフォロー
お願いします!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
イベント情報
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。