スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THINKER・6月イベント報告(前半)

6月19日・名古屋国際センターにてTHINKERイベント「最先端・世界情勢」を開催しました。
東京から、国際情勢専門家のジェイ・エピセンター氏をお招きした名古屋では初の試みです。

東京での講演でも、常に会場を埋めるほど人気のジェイさんだけに名古屋での初開催も
満員御礼の大成功となりました。ただ、時間の関係で予定内容のすべてがお伝えしきれ
なかったことをここでお詫び申し上げます。

ご来場いただいた方は、本当にありがとうございました!

オープニング画面

いま、世界では本当には何が起きているのか?
それは、けっしてテレビや新聞では知ることはできません。


今回のイベントでは、ジェイさんが世界から集めたニュースをもとに現実に
何が起きているのかを分析し、その対策を提案してもらいました。

膨大な資料とスライドや動画がありましたので、すべてをお伝えできません
が、ポイントをかいつまんで、THINKER風にざっとまとめてみます!

オープニング画面2

日本のマスコミが決して伝えない世界の現実。
欧米では、世界を支配する権力構造に気づき始めた市民が、あらゆるサミット(国際会議)
のたびにデモ行進をしています。それを強制的に押さえつける警察官は、いまや武装して
自国民に対し、あらゆる暴力も辞さない体制です。

2009・G20デモ・ピッツバーグ
動画はこちら→ G20サミットで市民を音響撃退装置と催涙弾で攻撃する武装警官隊

COP15で市民を殴る武装警官
動画はこちら→ COP15で無抵抗の市民を殴りつけ逮捕する武装警官

これがいま世界の先進国で起きている現実です。

武装警官

ポイントは、ジェイさんいわく、「われわれが、ボーっとしている間に、おまわりさんがいつのまにか、
ダースベーダーみたいになっちゃうよ!」
 ということです。

ちなみにデモのあったG20COP15もそれぞれ経済や環境に関する国際会議ですが、実際には世界権力者たちの中央銀行や地球温暖化を利用した新世界秩序(完全な世界統一支配)を作るための手段にすぎません。だから、このように気づいて立ち上がった市民には、容赦ない攻撃が加えられるわけです。

中央銀行や地球温暖化を利用した支配のからくりについては、ここでは省略しますので、詳しくはTHINKERのHP内の日本人が知らないニッポンをご覧ください。

何はともあれ、欧米では状況がここまで進んでいますから、次の標的はわれわれ日本人ということになります。
エコカーに乗って、シロクマに同情している場合ではないようですね。

日本の借金比率

なぜかというと、ご存知のようにギリシャが国家破産した今、その他の欧米諸国も国家の財政赤字が深刻な事態になっています。では、日本は心配ないのかというとまったくそうではありません。上のグラフを見てもわかるように、経済危機が心配されている欧米諸国よりも日本の財政赤字の方がはるかに大きいからです。

一般には、日本の財政赤字は国民からの借金(国債)であり、ギリシャのように外国から借金しているわけではないのだから大丈夫だといわれます。しかし、国際基準を決めているのは、国際銀行家であるわけですから、許してくれるわけがありません。誰から借りていようが借金は借金。国の財政を健全にするためにという名目で、国際会議や外交の際にあれこれ指図を受け、彼らの思うがままに経済を操られていくわけです。

そして、その先に待ち受けているのは国家破産の可能性も含んだ、非常にダメージの大きい経済危機です。

そのきっかけとなるのは、アメリカの経済破たんである可能性が大きいようです。というのも、日本は、戦後これまで国民が必死で稼いできたお金でせっせとアメリカ国債を何百兆円と買い込んできました。そのアメリカが破綻して、日本にお金が返せないとなると、どうなるでしょう。借りたものがつぶれれば、貸した方も同じダメージを受けます。
つまり、アメリカと日本のその運命は経済的な面において、一連托生なのです。

今の状況は1930年代の世界と同じ状況になっています。アメリカが世界恐慌で真っ先に沈んでから、日本もその影響で経済的ダメージを受け、それまで仲のよかったアメリカやヨーロッパ諸国からつまはじきにされ、石油などの輸出をとめられ、困窮して、太平洋戦争へと突入していきました。今回もそれとまったく同じ状況ですが、その二の舞を踏んではいけません。

そこで、ジェイさんが提案しているのが、「NEW WORLD VISION」です。
経済危機が起き、輸出がストップされ、国民が生活にあえぐようになったとき、日本人は、どのようにしたらよいのか? 戦争以外の選択肢が提示されないとき、どのような対処法があるのか?

後半については、また後日お知らせします。

NAOKI
プロフィール

twitterはじめました!
よろしければフォロー
お願いします!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
イベント情報
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。