スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新記事12本の紹介です

るいネットに投稿した新しい記事に参照動画など補足説明を追加して紹介していきます。

●マラリアは撲滅できた!―人類を救うMMSとそれを隠ぺいする赤十字
【参照動画】


患者のマラリア感染を確認し、血液サンプル内の寄生虫の数まで数えた後でMMSを処方して、
マラリア原虫の全滅を確認!
肝炎やエイズなど各種難病への効果が期待されるMMS。病人を作り続ける現代医療を駆逐できるか!?

●グルジェフの目指した人類の覚醒
Gurdjieff_1922.jpg
ウィキペディア 「グルジェフ」

知る人ぞ知るグルジェフ。知れば知るほど奥が深いエニアグラムの紹介です。
自分のことを一番知らないのは、あなた自身かもしれません。

●実話:戸籍謄本が第三者に取られていた件
無題
増えすぎて食えなくなった悪徳弁護士が暴力団と協力。
あなたの戸籍謄本も利用されている可能性が……。

●アメリカの言いなりで失敗した司法制度改革
当時、流行っていた「アリー・マイ・ラブ」。人情味とユーモアあふれる面白い法曹ドラマだったんですが、実は日本を訴訟社会へと誘導するアメリカの狙いがあったのでは?

●アメリカ政府閉鎖中に起きていたこと
ずばり、それはヘルス・インシュアランス・エキスチェンジと新百ドル札の発行!
ヘルス・インシュアランス・エキスチェンジの方は政府閉鎖の日に開始され、その後の申込み初日には閲覧が殺到して申し込みが完了できたのは全米で6人とか!?
想定外の出来事と言われてますが、本当のところはわかりませんね。

●日本の貧困化を先導するマスコミ
軽自動車税増税は弱い者イジメどころか、日本人の足を奪う計画ですぞ!

●虫歯予防にはフッ素でなく重曹!
フッ素は虫歯予防どころか歯を損傷し、脳の松果体に蓄積し、知能を低下させます。百害あって一利なし!
一方、重曹は料理や掃除にも使えるばかりでなく、軽度の虫歯も治すそうです。本当に歯を再石灰化できるのは重曹!

●デジタルテレビの危険性
財政赤字と言いながら、進められた日本の総デジタル化。
韓流ドラマを高画質で日本国民に見ていただくためだったのか?
それとも、もっと深い狙いが……。

●うつ病の先生やバカな子供を作らない教育
増える教師のうつ病に下がる教育レベル。
義務教育はバカを量産するためにロックフェラーなどの資本家と彼らに資金提供された一部の教育専門家に作られた。
子供の能力を伸ばさず、知的好奇心を妨げるためのクラス割と時間割。
これでは忍耐や知的好奇心を生涯保ち続ける人間が育つわけがありません
教師がうつ病になるのも仕方ないと言えるでしょう。
今後の新しい社会作りに欠かせない教育法に少し触れてみました。

●「テレビのない生活」アニメ・キャラクターから子供を守る
幼少期に刷り込まれたキャラクターに左右される人間の一生。大切な子供たちにそんなワンパターンな生き方をさせたくない賢明な親たちに読んでほしくて書きました。

●サイト紹介 世界の最先端を行く「ロシア・トゥデイ」


このニュースコーナーのタイトルは、「Brainwash Update -洗脳情報を暴く・最新版」
国営メディアとは思えないセンスの良さには驚きです。
この回のテーマは「フッ素毒」洗脳されてフッ素入り水道水を飲んでいるアメリカ国民に向けています。
ストレートな物言いに欧米金融勢力に牛耳られたアメリカのメディアはタジタジ!
「ロシア・トゥデイは、ロシアのプロパガンダだ」という声もありますが、決して「反米」でなく「反金融権力」なので、真のアメリカ国民にとってはためになる情報を発信しています。
だから当然、数多くの欧米の内部告発者はロシア・トゥデイに出演し、欧米の真相追究派の人たちもロシア・トゥデイを視聴しています。
日本人もこちらを見た方が未来のためにははるかに良いのですが、そんな日はいつ来るのやら……。

●元CIA諜報員が語る「どうやってエリートを駆逐するか」

 
 元CIA諜報員で現在は活動家として知られるロバート・スチール氏が講演でメッセージを発信しています。
「今の社会で、問題解決の手段や予算が足りないということはありません。必要なのは、われわれの大多数が天賦の権利を行使して、社会を運営することに深く関わっていく気概なのです」
社会の元凶である中央銀行。それに頼らない社会を作るには、一般市民が自らの権利を行使すること。国防を含むあらゆる情報を共有できるネットワークを作ることであると主張しています。

 今後の新記事は、当ブログやメルマガでも紹介していきますが、るいネットの検索ページを開いて投稿者名の欄に「THINKER・鶴田」と入力して検索できます。(THINKER・鶴田 はすべてひらがな入力でお願いします)
同様に、題名欄や本文欄に検索したい言葉を入力すれば、これまで多くの人に投稿された過去の全記事からで調べたいものが検索できます。

●るいネット記事検索ページ
スポンサーサイト

セシウム汚染牛報道の意図とは?

「牛肉からセシウム検出」のニュース。
勘の良い人ならすぐわかるマスコミによる世論誘導のネタです。

原発事故後の動きを初めから追ってみます。
まず、事故直後にアメリカの官邸占拠。
これで事故処理はすべてアメリカ主導に。

後は、日本政府を裏で操って、批判はすべて菅政権に押しつけること
になりました。いろいろ続いた事故処理の不手際もアメリカありきの
ことでしょう。

原爆投下後の広島と同じで、被災者は助けずに人体における
放射能汚染データと復興利権をアメリカに与えることが最優先
の日本政府。戦後60年以上経っても体質は同じまま。


(日刊ゲンダイ2011年4月21日記事より)
⑳

この後、アメリカの要求はエスカレート。
海への汚染水放出まで指示。5月に韓国の講演会で、内閣官房参与
の平田オリザ氏が「汚染水の放出は、アメリカの要請だったと」発言。

後に日本政府はこの発言を否定し、真相はうやむやに、、、。

(全記事を表示するには、記事内をクリック↓)
平田オリザ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
しかし、その前月に東京新聞がしっかり報道しています。


(全記事を表示するには、記事内をクリック↓)
汚染水放出、アメリカ指示
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アメリカが、日本政府を脅して悪いことをやらせておいて、
後でマスコミに叩かせる。いつも通りのパターンです。


そして、「セシウム汚染牛全国へ流通」のニュース。

マスコミの使命は、パニックを煽って国産牛から輸入牛肉へ消費者を導くこと。

消費者には、輸入牛肉とセシウム汚染牛の選択が迫られている感じですが、
不思議なことに元から放射線照射されて殺菌され、ホルモン漬けの輸入牛肉
(アメリカ産は狂牛病のリスクもあり)の有害性は報道されていません。

(全記事を表示するには、記事内をクリック↓)
輸入牛肉

●輸入牛肉について
http://www.naoru.com/gyuuniku.htm

●放射線照射された食品は安全か?
http://wellness7755.com/shoku99/cat30/cat33/2_11.html

根本的な解決法としては、肉食自体を減らすか、やめてしまえば防げる健康被害です。
たとえ、放射能で汚染されてなくても肉の食べ過ぎから引き起きる成人病は多いことが
わかっています。

●食養生・マクロビオティック・COM-動物性たんぱく質の摂り過ぎ
http://healthy7755a.com/shokuyoujou-macrobi/2/cat294/3_13.html

どうしても肉が食べたい人でも、食べる肉の量を減らせば、取り込む放射能も当然
減ります。

国産牛肉の放射能汚染を恐れて、輸入牛肉へ走るのは意味のないことです。

あらゆる食品への放射線放射を義務づけようと動いているのは国連内の
コーデックス委員会。

国連は、公的機関を装ったロスチャイルド財閥の所有物です。
●日本人が知らないニッポン
http://www.thinker-japan.com/thinkwar.html

そして、当然の如く、コーデックス委員会の主要な役員は、
欧米財閥の大手製薬企業の重役揃い。

●動画:コーデックス委員会の正体


ナチュラル・ソリューション・ファウンデーションのリマ・レイボー博士は、2005年のNANP(全国栄養学専門家連盟)の講演で、コーデックス委員会について述べています。

「我々市民の敵が誰であるかお教えしましょう。これから言うすべてのことは、私の想像でも、勝手な解釈でもありません。すべて事実です。ある人たちによって、取引委員会というものが設立されました。正式名称は「コーデックス・アリメンタリアス(コーデックス委員会=国際食品規格委員会)」というものです。それは人々の健康に関する組織でもなく、消費者保護のためのものでもありません。単なる取引委員会という枠組みの組織です。この委員会は、国連の要請によってWHO(世界保健機関)とFAO(食糧農業機関)のもとで設立されました。
アメリカ国内でこの委員会はあまり知られていませんでしたが、1994年にこの委員会は、栄養素は毒であると宣言しました。栄養は、危険な毒物であると定義したのです。栄養素は毒であるため、毒物から人々を守らなければいけない。臨床的に治療効果の高い栄養素は、麻薬と同等の毒物として法律で禁止するというのです。医者が処方箋も書けないような毒物として位置づけようという考えなのです。そして、彼らが主張するのは、全ての動物は抗生物質と成長ホルモンで育成および処理されなければならないというものです。また、地域で生で食されるもの以外、全ての食品は放射性照射を受けることを義務付けています。
国際食品規格委員会(コーデックス委員会)のHPを見て、ご自分の目でみて確認してください。非常に恐ろしい毒物のリストがあります。ダイアルドレン、アルドレン、ヘキサクロロベンゼンなどです。これらの汚染物質が付着した輸入食品は、国境で止められることなく入り込んできます。もし、危険だといって輸入を禁止したら、取引違反となります。それがコーデックス委員会が存在する理由なのです。
WHOとFAOによる疫学的予測では、ビタミンとミネラルの指標計算だけでも国際基準が施行される2009年12月31日までに少なくとも30億の人々が死ぬだろう試算しています。未来に生き残るのは、食品に毒物を入れる仲間から毒物をきれい取り除いてもらえる一部の裕福な人達でしょう。我々や我々の子供達ではないのです」
(動画要約以上)

2009年までに30億の人口が死ぬ計算(計画?)は、外れて
いますが、彼らが意図していることは、コーデックス委員会を通
じて、食品中の酵素やビタミンを破壊して栄養素をなくすことです。

ビタミンや酵素などの栄養素を失くした食品の摂取により、世界中に
大手製薬産業の顧客である病人が増えます。

放射線照射の名目は「食品を腐りにくく、長期間保存できるようにするため」です。

日本では、食肉への放射線照射を義務づけていないため、彼らの標的にされる
のも当然といえば、当然のことです。

国産牛も輸入牛も危険ということであれば、心配な人は肉食をやめるか減らせば
よいという単純な結論です。

相変わらず、正義を装って欧米財閥のために働く「マスコミ」は、
対応が不十分な日本政府よりも一番の社会の敵であることを改
めて認識する必要があるかもしれません。


NAOKI



ワールドカップで思うこと

ワールドカップでの日本チームの大活躍、すごかったですね!
思わず夜中でも見てしまいました。

今回は、リーグ内のチームが、すべて格上ということで、ここまでの大躍進を期待して
いなかった人も多かったのではないでしょうか。

日本代表と監督に、大拍手!!

ワールドカップ

普段はサッカーもしない、趣味も仕事もばらばらの人たちが、スポーツひとつでここまで
一体となり共感できることに可能性を見出しました!


ましてや、世界の仕組みをみんなが知って、人々の心がひとつとなり、ひとりひとりが何をすべきかが、
はっきりとわかったときには、世界が変わることも案外早いことでしょう。


さて、日本中が大喜びの中、一転して、ウォール街からは大ニュースが飛び込んできました!
アメリカで、「金融規制改革法案の一本化!ボルカールール!」です。
YAHOOでも数時間ですが、ヘッドライン・ニュースで出ていました。

なんのこっちゃ?という方もおられるかもしれませんので解説します。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
金融改革法案を一本化 米議会合意 大統領「最強の規制整う」
6月26日7時56分配信 産経新聞
 【トロント=渡辺浩生】米上下両院協議会は25日早朝(日本時間同日夜)、1930年代以来の抜本的改革となる金融規制改革法案の一本化に合意した。上下両院で採決した後、来月初めにもオバマ大統領の署名を経て成立する。金融危機の再発防止のため、大規模金融機関の監督強化やリスクの高い取引の制限などを柱とし、日欧など国際的な金融規制や監督制度にも影響を与えそうだ。

 26日に開幕する20カ国・地域(G20)首脳会議(金融サミット)では、国際的な金融規制の見直しが焦点となる。その直前に法案成立のめどをつけ、オバマ大統領には政治上の大きな得点となった。各国にも規制強化を求める構えだ。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

国際情勢専門家のジェイさんから以前、聞いていたことでは、金融規制法案が可決されて、いよいよシナリオ通りに事が進んでいくだろうとのことです。

1929年に世界恐慌を起こした大銀行家のおじさん達は、自らお金をジャブジャブに刷りまくってバブルを起こした後、4年後の1933年にグラス・スティーガル法という金融規制法案を通過させて、「あれはまずかったね!」と反省したふりをして、ガチガチに引き締める政策をとりました。これによって、お金を刷って景気回復させるチャンスを国家と国民から取り上げて、不景気を長引かせた揚句、その後は、ご存知のように世界を戦争(第二次大戦)に持ち込んで行きました。

今回のお芝居の台本は、2007年に自ら仕掛けた住宅バブル(サブプライムローン)をはじけさせた後、3年後の2010年に昔のグラス・スティーガル法と同じボルカールールといった金融規制法案をつくって、財政を引き締め、お金をたくさん刷らせないように規制しておくことで、不景気を長引かせて、国家と国民の力(持ち金を少なく)を弱いままにし、最終的に戦争か地域統合に持ち込もうということです。


この台本に乗せられたら、どうなるか、過去の世界恐慌時の日本を見てみましょう。

以下は、ウィキペディア 「世界恐慌」-当時の日本の状況からの引用です。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
大戦後の恐慌、関東大震災昭和金融恐慌(昭和恐慌)によって弱体化していた日本経済は、世界恐慌の発生とほぼ同時期に行った金解禁の影響に直撃され、それまで主にアメリカ向けに頼っていた生糸の輸出が急激に落ち込み、危機的状況に陥る。株の暴落により、都市部では多くの会社が倒産し就職難の者(学歴難民)や失業者があふれた(『大学は出たけれど』)。恐慌発生の当初は金解禁の影響から深刻なデフレが発生し、農作物は売れ行きが落ち価格が低下、冷害・凶作のために疲弊した農村では娘を売る身売りや欠食児童が急増して社会問題化。生活できなくなり大陸へ渡る人々も増えた。

国民が困窮する中、労働者や小作農の立場に立つ政党が代表者を国会に送るようになり労働争議や小作争議が増え、政府は治安維持法を改めて最高刑を死刑にし、特別高等警察を全国に設置して社会主義運動の取締りを強化。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

この後、「戦争だ!」「一億総玉砕!!」ということになるわけですが、
上の文章を以下の言葉に入れ替えて、読んでみると今の状況と驚くほど似通っていることがわかります。

関東大震災神戸大震災に、昭和恐慌サブプライムローン破綻・リーマンショックに、生糸自動車に、
娘を見売りに風俗業界に転職する女性に、欠食児童児童虐待
となると、未来は、治安維持法対テロリスト法に、社会主義運動真相究明活動に置き換わっていくのでしょうか。

心情としては、ビール片手に素直にサッカーを観て喜んでいたいところですが、G20以降、世界的に強制されていく金融引き締めが今後どのように世界に影響していくのか日々の生活から、敏感に感じ取っておきたい思います。

1936年 ベルリン・オリンピック
1936年 ナチスドイツ政権時のベルリン・オリンピック
この後に地獄が待ち構えていようとは、、、。世界中がスポーツに夢中だったんですねー。

とはいえ、決勝トーナメントでの日本代表の活躍が楽しみです!(笑)

ジェイさんの国際情勢分析のブログはこちら


NAOKI

※ちなみに日本で言われている郵政見直し法案は、まったく逆の発想のものです。来るべくさらなる金融崩壊に備えて、郵貯銀行で国民の貯金に対しての補償額を1千万から2千万に引き上げたりして、国民の財産を少しでも守ろうと一部の政治家(亀井さんなど)ががんばっています。しかし、外資(外国の資本家)に買収されているマスコミがその意図を正しく伝えないために、民営化から国有化に逆戻りしているなどと、いかにも悪いことをやろうとしているイメージで報道しています。外圧により、小泉さんなどが民営化させてしまった郵貯銀行は、もう国有化には戻せません。そのため、せめて郵政法案を見直すことによって、国民の利益を少しでも守ろうとしているというのが、郵政見直しの意図です。

細かなニュースは、いっぱいあるのでひとつひとつ分析はできませんが、簡単なコツがあります。

マスコミによって持ちあげられる政治家や政策は、国民にはよくないものが多いです。逆に、マスコミバッシングにあっている政治家や政策は、国民のためになるものが多いです。

というのも、マスメディアは歴史からして国民の利益のために作られたものではないからです。

新聞はもともと政府のために作られ、テレビはアメリカ政府のために作られました。

詳しくは、THINKER・HP内のメディアについて考えるをご覧ください。

バラエティ・ニュース番組について

今日は、ふだんの生活でテレビを見ていて気づいたことです。

日本ではとても多いバラエティ・ニュース番組。
ニュース番組でもないし、ただの娯楽のバラエティ番組でもない。

朝も昼も有名タレントや芸能人が出て面白ニュースをやっているのですが
何気なく見ていると気になることばかり!! 

ちょっとまとめてみました。

まず、みなさんもご存じの子宮頸がんワクチン (5月20日報道)

お昼のバラエティニュース番組より(2010年5月)
女医さんが出て、その必要性を訴えています。
海外での死亡事例や日本人へ有効性の低さなどについての情報は一切なし。
子宮頸がんの死亡者数は年間約2500人。(抗がん剤によるものかもしれませんが)
子宮頸がんの危険性を訴える白衣の先生を前にして、何も予備知識のないタレントさんは、うなづくしかありません。

また、少し前になりますがEU大統領初来日 (4月19日報道)

EU大統領初来日
EUの大統領が、初来日。報道のポイントは、「外務省とEU主催の俳句コンテスト」! 
EU大統領がいかに親日派であるかを強調しています。(ちなみに大統領の俳句は、川柳でした……。)

すぐ次の週には、図書館でこんな雑誌を目にしてビックリしました!
週刊エコノミスト(2010年5月4/11日・合併号)

日米英同時破産
こんなことが経済専門誌の表紙を飾っているときに、EU大統領がわざわざ
日本に川柳遊びをしに来るわけがありません。よほどの要求を日本につきつ
けに来たのでしょう。
大統領は親日派ということでテレビでは完全にスル-しています。

次はおかしなニュースです。
「御巣鷹荒らし」 (6月10日報道)

”御巣鷹”荒らし
1985年の日航機墜落事故の現場を荒らしている不届き者がいるという事件報道
です。 タレントさん達も皆、心ないイタズラに憤慨していました。
しかし、よく考えればわかることですが、わざわざ誰も行かない山の中に行って、
このようなイタズラをする動機が見当たりません。

考えられることは、この墜落現場を一般市民が詮索しないように立ち入り禁止にする
目的で、本当に心ない人が意図的に起こしたイタズラの可能性が大きいでしょう。

感情的に正論を激白するタレントさんにのせられて、ニュースをうのみ
にすると真相に気づくことはできません。


日航機墜落事故に関しては、通説と違いさまざまな説(米軍や自衛隊などによる撃墜)
があります。事の真相は国家機密にあたることなので一般市民による過度の詮索は国家
として取り締まりたい気持ちもわかりますが、今や数々の本やネットで情報が出ていま
すから、そろそろ国民に真相を知らせてもいいときに来ているのではないでしょうか。

いずれにせよ、ほとんどの航空機墜落事故に裏があることは、知る人なら知っている
公然の秘密です。

日航機墜落事故に関しては、事件の真相を追い続けている市民のブログがありますので
興味のある方はどうぞ。
(新)日本の黒い霧

最後に、最近流行している百日咳のニュース (6月10日報道)

流行する百日咳

身の回りでも百日咳にかかった人が、数人います。
このウイルスが流行している背景にケムトレイルが関係しているかは
わかりませんが、これにかかると1-2ヶ月は咳に苦しめられます。

本来、大人がかかる病気ではないようです。最近は成人にも流行してい
るとのことで、赤ちゃんのときに打った予防接種の効果が切れている
から、感染しているのではないかと、またワクチンの話が出ていました。
今後の報道が気になる話題です。

≪結論≫
バラエティーニュース番組は、にぎやかなセットとタレントさんで
構成されるプロパガンダ番組だなーとつくづく感じた次第です!


NAOKI
プロフィール

twitterはじめました!
よろしければフォロー
お願いします!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。