スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月THINKER夜の会のお知らせ・小沢一郎さんお話会レポート

【小沢一郎お話会レポート】
先日、国際情勢と日本・ユダヤ史に詳しい知人の方が、小沢一郎さんを名古屋に呼ぶ機会があり、その集会に参加してきました。

小沢さんが一般市民に何を訴えかけるのか、少し興味があったのですが、その会はオーガニックな食を大切にする市民の集まりと言うこともあって、政治的な話題より、食と地域コミュニティが話の中心となりました。とくに食糧自給率の向上と教育問題(いじめなど)の根源が核家族化にあることを小沢さんは訴え、政治は市民生活に直結した身近なものであると、穏やかな口調で話していました。また他にも小沢さん自身が「地元に田んぼを持つ農協の会員であり、田畑を手放してはいけない気持ちが強いこと」「日本の自給自足は可能であること」「採算がとれないから農業をやめる人が多いが、農業は採算がとれるかどうかでやるものではなく、生存のために必須なこと」「TPP対抗策として政府は企業が請け負うことを奨励しているが、企業は採算がとれるうちは手を出すが、赤字になればサッと手を引いてしまうので、企業に任せても解決策にならないこと」等々話し、他にも、「今の子どもは幼少期に他の子どもと深く触れ合う機会が少なくなっている」「喧嘩のやり方も知らず、どこまでやったら危険なのか経験不足なので、いざ争いになると殺すところまでいってしまう」「公立学校の教育現場でも権利を振りかざすモンスターペアレントを恐れて、教育やしつけがきちんとできない環境になっている」など、身近な教育問題も語っていました。

もっとも、会場の前の方で参加していた方の多くは高齢者であり、「TPP後の日本の行方」「自由党が他党と連立で政権を取る可能性」など、もっと政治的な発言を小沢さんから期待していたようです。日本の未来を憂う高齢者のその想いは熱い空気となって、後方からも感じ取れるほどでした。30代・40代の子育て世代は、食と子どもの未来を守ることに関心があり、会場内入口付近や客席後方で無農薬野菜やオーガニック食材の手料理、手作りの品々を販売しながら、小沢さんの話に耳を傾け、20代の参加者はほぼ皆無でした。そして、一歩会場を出れば、そこは名古屋の繁華街のど真ん中。ライブハウスが立ち並ぶ歩道に10代・20代の子が列をなし、世代間の関心の違いを浮き彫りしていました。

【なぜTHINKERが非政治的な立場をとるのか】

ちなみに私個人としては、小沢さんの人柄や政治を市民の身近なものにする姿勢に共感するところは多くありますが、政治的に小沢さん支持というわけではありません。政治的に誰の支持者でもないのです。誰支持でないだけでなく、政治的に憲法9条に賛成でも反対でもありません。というのも、国防に関する問題だけでなく、政治や国際情勢を追っていくと、世界情勢とそれに連動する国内政治は常に変化するものであり、状況によって悪が善に傾いたり、善が悪になったりします。恒常的なものではないからです。特に安倍さんに関してはただの売国奴ではないと考えています。最近のプーチン大統領との接近など、彼にはひょっとしたら、もう一つ深い考えがあるかもしれない。凋落するアメリカとの外交関係の次を模索している節があります。だから、「○○さんは良い!」「○○さんはダメだ!」などと断定することは非常にむずかしく、それどころか間違ってしまうことにもなります。

また、一般市民の側に目を向けてみれば、俗に言う「B層」以外で「ロスチャイルド・ロックフェラー」など金融権力の世界的陰謀を知る人々の間でも、政治的意見は分かれます。70代以上は小沢支持、団塊世代であれば反韓反中で安倍自民支持傾向があり、それが30代40代であれば、食と子どもの未来を守る想いから、大半は反原発・反TPPの山本太郎、三宅洋平支持の傾向を持ちます。なぜ、同じ情報を持っているはずの人々が異なる政治的意見を持つのか。それは、そもそも政治的意見というものが、人が考えているような理性ではなく「他者依存」に根差した精神性から発生するものだからではないでしょうか。

そして、「他者依存」の精神性は、もともと各人が幼少期に親との関係から外部的に作られたものであるため、普段、意識されません。自分ではそれを潜在意識下に持ちながら日常生活を送っていることに気づいていないのです。そのため、大半の人は「理性」の部分で受け止めるべき外からの情報を過去の体験に根差した「感情」の部分で受け取ってしまいます。自分の外で起きていることを「感情」で解釈し、自分のいいように自分なりの都合で曲解して受け取っているわけです。それを自分はもう大人だから、理性で受け取っているはずだと、思っています。そのため、他人と意見が違うと「あなたの方が間違っているはずだ」ということが起きます。
このような心理的な仕組みがあるために、同じ情報を持っているはずの人々の間でさえ、政治的意見が異なるという事態が発生します。

【なぜTHINERのお話会のテーマが陰謀を超え「ヒトの心の仕組み」まで扱うのか】

このようにヒトが外部から情報をいくら得たところで、それを感情の部分で受け止めている限り、内容がいくら良くてもその価値は半減します。このような事情から、マスコミが伝えない政治・マスコミ・医療の裏側の情報を伝えるだけでは効果が低いと考えるようになりました。

そこで、大人向けに開催する【THINKER夜の会】の毎月第3金曜(8PM~・スカイプ参加可)は、「エニアグラム」という手法を利用した「自分の心のクセを知る方法」と「自分のココロの扱い方」「家族・他人と上手く付き合うこと」を習熟するお話会およびワークショップを開催します。

また毎月第4金曜(8PM~・スカイプ参加可)は「シオン議定書研究」をテーマとし、先ほどの政治的意見の相違なども支配者層にプログラムされたものであることや、政治的意見を持たされるように仕組まれていることも、彼らが民衆の心の弱さにつけこんだ手法であることなどを学習していきます。
どちらも外部の陰謀を知るだけでは十分でなく、支配者の心の中や自分の心の中にこそ、知るべき知恵があるという考えに根差したものです。
幅広く知ることで、普段の生活に活用できます。ぜひご参加ください。

【11月のTHINKER夜の会】
どれも全国からスカイプ参加できます。参加費:各回¥2000-
会場:THINKERアトリエ(愛知県愛知郡東郷町)
最寄駅:名古屋市地下鉄「赤池」
会場住所・駅からの送迎・参加費の振込先(スカイプ参加のみ)等詳細は、下記「申込フォーム」にご記入いただけましたら、こちらからお知らせします

●11月4日(金)20:00-22:30
(※今回は前日のお知らせですのでスカイプ参加の場合、参加費後日振込で参加できます)
「今の日本、今後の日本について話しましょう」
安倍政権の行方は?小沢一郎の政権復帰はあるのか?第3次世界大戦を止めるプーチン 二転三転のアメリカ大統領選・大統領選でどう変わるニッポン
●11月11日(金)20:00-22:30
「古代文明・UFO・オカルト関連なんでもアリ」
NASAが地底人からの電波を受信、それに返信もできない地球の科学レベル
宇宙人と地底人は同一か!? 地底人と組んだナチス・ナチスと組んだ日本・今のナチス本部アメリカ
●11月18日(金)20:00-22:30
「エニアグラムを使って自分を知ろう」
人間はすべて九種類に分類できる・どうして他人とぶつかるのか・自分の番号を知ることのメリット・番号による心のクセを知る
(自分の番号特定までいけたらいきます。できない場合は次回になります)
●11月25日(金)20:00-22:30
「支配者の頭の中を読む・シオン議定書研究」
前回初回は貴重な戦前の議定書を持っていただいた参加者もいました。
次回は前回の復習「大衆は盲目なり」と「ダーウィン、ニーチェの効用」を扱います。
初めての方もサポートしますので、いつからでも参加できます。
↓申込みはフォームからお願いします
https://ssl.form-mailer.jp/fms/b6682beb473578

スポンサーサイト

風疹ワクチンキャンペーンについて+8月イベントのお知らせ

ずいぶんまた更新が空きました。

子宮頚がんワクチン接種の推奨が一時中断され、大きなニュースになりました。
とはいえ、続いての「風疹ワクチンキャンペーン」

「STOP風疹プロジェクト」などと称して、NHKを中心に各企業、芸能マスコミも一丸となって善意から大々的に展開しています。

「この風疹ワクチン報道は何なの? やっぱりこれだけは打った方がいいの?」
とちょくちょく聞かれるので調べてみました。

 流れを調べてみると、やはり、、、。

 WHO(欧米の金融詐欺集団のフロント機関)が主導しています。

 このキャンペーンは、90年代初頭に各国で死亡者を出して接種が廃止されたMMR(麻疹・おたふくかぜ・風疹)ワクチンをMRワクチンとして継続させるためのものではないでしょうか。

MMRワクチン禍のほとぼりが冷めた2000年代中頃ごろからWHOやアメリカのCDCなどが、「ワクチン接種を中止したことで、またはしかや風疹が増えてきた! 中断は間違いだった!!」と騒ぎ出し、世界中ではしかや風疹の撲滅キャンペーンを展開し始めました。

そして、日本をふくむ西太平洋地域でも2012年までに麻疹(はしか)を排除することを目標に設定。
(ちょうどこの頃、2007年に「はしかの大流行!」のニュースでマスコミが人々の不安を煽りましたが、背後にWHOから「はしか対策キャンペーン」の要請があったわけです)

日本では厚労省や地方自治体が中心となり、ワクチンの接種率向上のため、2008年から2012年までの5年間、中高生(中1と高3)も定期接種対象に拡大。

そして、、、

この麻疹排除キャンペーンが終わった直後に「風疹排除キャンペーン(STOP風疹プロジェクト)」が登場!

名前と接種の必要性の理由が変わっただけですね。
いつも同じパターンです。

欧米金融詐欺集団・多国籍製薬企業・WHO・マスコミに無知と善意で乗せられる国内事情。

もちろん、赤ちゃんや妊婦を感染症から守ることは大事ですが、麻疹の場合、流行株が変異すればワクチン自体に有効性がありません。

また、麻疹・風疹とも生ワクチンですし、ワクチンによって逆にかかってしまうケース(2008年の川崎市で千葉血清製ワクチンを接種した世代に麻疹が特異的に発生した)もあるようです。

マスコミによる「感染症の大流行!!」といったニュースを装ったワクチンキャンペーンにはくれぐれも乗せられないように気をつけてください。

1月の千葉講演以来、ひさびさに講演します。

初の九州講演です。すでに予約がほぼ入っているようで、ありがとうございます!

主催は、mammy's choice japan  -小さなお子さんのいるママさん達。

これって本当に子供たちに必要なの??教えてthinker さん!!
「ワクチンとフッ素、どうしてる?」


【日時】2013 年8 月24 日(土) 13:00~16:00(12:30 開場)
【料金】事前振込み2500 円/当日3500 円定員になり次第締め切ります
【託児】お一人様1000 円先着予約受付
※1 歳以下のお子様は同伴可、1 歳以上のお子さんは出来るだけ託児をご利用ください。応相談
【会場】春日市クローバープラザ西棟5 階セミナールームAB
福岡県春日市原町3 丁目1 番地7 出来るだけ公共の交通機関をご利用ください
【定員】100 名
■主催■ mammy's choice japan
■予約申込・お問い合わせ■
https://ssl.kokucheese.com/event/entry/96372/
お申し込みフォームより入力後、自動返信メールに記載の口座にて事前お振込みお願いします。
携帯の受信拒否をしているかたはinfo@kokuchi-zu を受信可能にしてください。
facebook ページ「mammy's choice japan」にイイネ!をして頂くと、最新情報がご覧頂けます。
上記のお申し込み方法が不明な方は、下記メール宛てにお問い合わせ下さい。
折り返しお申し込みフォームをご案内します。
代表林Mail;coconimo0203@gmail.com
Tel;092-410-7610(10 時~17 時)出来るだけメールでのお問い合わせをお願いします。

千葉講演が終わり、「遺伝子組換え」について考える

先日の千葉講演は遠方からのご参加もふくめ、大変多くの方にご来場いただき、ありがとうございました!
食・ワクチン・フッ素と世界の仕組みにこれほど多くの方が関心を持っていることに時代の流れを感じます。
最後にはサプライズゲストで、あの警察見張番の仙波さんにもご登場いただき、貴重なお話を生で聞くことができました。

「知っておきたい5年後の常識」を振り返り、遺伝子組換えについてピックアップしながら、いろいろと考えを巡らせてみたいとおもいます。

●ロシア・トゥデイのニュース
洗脳ニュース最新情報『モンサントとアメリカ政府―ズブズブの関係』



「フランスの研究チームによるマウスの実験で、遺伝子組換えコーンで全身に巨大な腫瘍が発生」とのこと。

女性キャスターのハッキリとした物言いと強烈なネズミの映像、これほど強烈な報道は欧米グローバリズムに対抗するロシア側のプロパガンダですが、日本人のわれわれには新鮮ですね!

「世界を飢餓から救う」という触れ込みで登場したGM(遺伝子組換え)作物でしたが、現状は欧米金融グループによるグローバル化の食糧支配に悪用されるだけの悲しい結果に、、、。

せっかくの科学技術ですが、ゴールデンライスのような栄養成分改変タイプのものは実用化に歯止めがかかり、健康と環境を悪化させるだけの特定の除草剤耐性(モンサントのラウンドアップ耐性)やBT毒素耐性のものばかりが実用化され、世界中にGM大豆、GMコーン、その副産物である加工食品が世界の隅々まで流通しているようです。

●ゴールデンライスの開発阻害要因

企業に雇われる科学者が95%で、独立した研究ができる科学者は5%。モンサントのような化学企業の悪行でイメージの悪い「遺伝子組換え」ですが、その一方で、人類に貢献しようと働く科学者がいることも事実です。将来は彼らのおかげで、健康に良い遺伝子組換え食品が流通する日も来ることでしょう。

ただ、現在流通している遺伝子組換え関連の食品。子供には食べさせたくないですね。
政府は安全と言いますが、まだ実験段階ですから。
社会構造が変わったら、健康に良いものがコンビニやスーパーでも気軽に買えるようになるかもしれません。

それまでは、地元の自然食品店、オーガニックストア、良心的な生産者、通販業者をよく選んで食品や調味料を購入したり、自分の手で作物を育てたり、料理を作る。

すでにいろいろと情報を持つ人たちは、このような「食」のライフスタイルになっています。
アベノミクス・バブルに乗せられ、痛い目に会ってから目が覚める人もまた出てくることでしょうから、5年後にはもっとそういう人たちが増えているでしょう!

 

今世界で起きていること+イベントのお知らせ

震災後、日本では放射能汚染の懸念と揺れる政治情勢が続き、世界では、
すでに中東・北アフリカ地域では戦争と内乱が始まっています。

これらは日本で起きている原発事故などとは、一見関係ないようでも
実は深いところでリンクしています。

まず、その糸口となるヒントがあります。原発事故は大変なことですが
世界最大の産業事故は、チェルノブイリでも福島でもありません。
1984年のインドのボパール化学工場事故です。


ボパール・ガス爆発事故

放射能によるものではないのです。
化学工場から漏れ出した有毒ガス(イソシアン酸メチル)による死亡者は、
総計1万5千人から2万人。統計によっては2万人以上です。
被災者は数十万人。中には生涯残る後遺症を抱えた人も多くいます。
現在でも汚染は続き、事故から26年経た現在でも、毎日数十名が、事故
の後遺症から命を落としているという推計もあります。


動画:ロシア・トゥデイ (翻訳:dandominaさん)

福島事故の原因はGEの原子炉でしたが、インドの事故原因もユニオ
ン・カーバイドというアメリカの企業でした。福島と同じ環境テロに関して
アメリカが責任を負うことはありません。被支配国に押し付けるのです。

kyodoindea.jpg

放射能が危険であることは間違いなく、高濃度の放射能汚染により発
がん率が上昇するデータも数多くありますが、その一方で、広島の被爆
者やプルトニウムの長期内部被曝をした原発作業者が、被曝量によって
は、発がん率が減少して寿命が延びたというデータもあります。
(※低線量の放射能が健康に良いという理由で、原発が正当化される
理由にはなりません。高濃度の放射能が危険であることに変わりはな
いからです)


そして、これらのデータがマスコミで正当に検討されることはありません。
放射能の恐怖を必要以上に煽って、世界を混乱から戦争へ導く勢力がある
からです。彼らにしてみれば、人々が冷静であってはならないのです。

中東デモ

これらの計画を遂行する勢力が、チュニジアのジャスミン革命を始め、
リビア空爆を実行し、今では、シリアの内乱を拡大させています。
(※インターネットを使い、チュニジアから始まった中東の内乱を引き起
こしたのはアメリカのCIA。今回のシリアではサウジアラビアのCIA部隊
のスナイパーが抗議市民を撃ち殺して、暴動を拡大させている)


そこで、6月17日(金)名古屋のインド音楽のイベントにて、少しお話をします。

内容は、今回の震災と原発事故とからめたもので、「今、日本と世界で
何が起きているか」です。

LOVE ふぐすま110617FugsmaB.jpg

講演はわずか30分ほどなので、どこまで伝えきれるかわかりませんが、
インド音楽やダンスなどが盛りだくさん!こちらの方だけでも来る価値は
あります!

最近、演奏家の人たちと知り合いになって、聴かせてもらっているインド音楽。
これこそは、「商業音楽のような手垢のついてない純粋な音楽!」といえるも
のです。聴いているだけで、いつの間にか心は虚空のかなたに、、、。

実に気持ちいいんです!

しかも、インド音楽は退屈じゃありません。演奏が盛り上がってくると、ロッ
クやトランス顔負けのスピードと興奮があります! しかし、これらの商業音
楽のような騒々しさがまったくない。タビストックに侵されていないからでし
ょうか。(笑)じつに不思議で魅力的な音楽です。

まだ聞いたことがない人は、ぜひ一度ライブで聴かれることをお勧めします。
もっともっと、日本で広まっていってほしい音楽です。

詳細は上のチラシをクリックするか、主催のNIMBAS ARTSのHPにて。
●NIMBAS ARTS

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

さらにその翌日、6月18日には仙台で講演します。

主催は、メイクザヘブン。てんつくマンと永伊監督とのコラボです。
半分アドリブなので話がそれて、とんでもないことになることも、、、。(笑)

東北に泊まることで、東北を応援しよう
「日本改革合宿 in 仙台 50名限定!」

子どもに誇れる日本を創りたいサムライ、撫子集合!

世界の仕組みを知らずに動く、それは逆効果になる事がある。
真実を知らずに動く、逆に人を苦しめてしまう事がある。

まずは知ること。
真実を知って、どう動くのかを語る一日です。

★出演
NAGAIpro・永伊智一監督
THINKER・NAOKI
ロックバンド・おかん
てんつくマン

★場所
秋保温泉ホテル瑞鳳
宮城県仙台市太白区 秋保町湯元字除26-1
022-397-1111
http://zuiho.jp/

★参加費
宿泊:23800円(3食 温泉付き)
日帰り:10000円(昼食付き)

宿泊コースは「50名限定」とさせていただきます。
男女別 大広間での宿泊になります。
大広間以外での宿泊を希望される方は、別料金で宿泊予約が必要です。

詳しくは、メイクザヘブンHPまで
●メイクザヘブン



講演会のお知らせ

原子力発電を見直そうと市民の関心が高まっています。

先日、プラムフィールドの馬場さんのお供をして、THINKERのメンバー
と愛知県や静岡県からみえた有志たちが、プラムフィールドの方々
のもとに世界中から集まった5万名を超える署名と「浜岡原子力発
電所の停止要望書」を中部電力本社へ届けてきました。

「クリーンで安全な原子力」このイメージは、もう誰も信じていないでしょう。
CO2よりも放射能を心配する人が多くなった今、これからのエネルギーは何が可能か。

ここで講演会のお知らせです。
23年間、脱原発の姿勢を貫いてきた田中優さんが語る
「エネルギーシフト&エネルギーの民主化」

第2部のライブは、「暮らしからデモクラシー」を唱う
かむあそう&トライブスが登場します!

場所は愛知県豊田市。
近辺の方のご参加お待ちしています!
(主催はTHINKERではありません)
バンビの独り言より

田中優講演会&かむあそうトライブスLIVE
「エレクトリック・デモクラシー!」
~電力を市民の手に取り戻そう!エネルギーの民主化を~


2011年5月5日(木・祝)

12:00 開場
13:00~田中優講演会
15:00~質疑応答
16:00~やじい&かむあそうトライブスLIVE
17:30 終了

場所 豊田市民文化会館・小ホール

参加費 1,000円+被災地へのカンパ

念のため、参加人数明記の上、ke-tin@banbino.jp(中根)に申し込みください。
こちらから折り返し返信しませんが
定員(436席)オーバーの場合のみ、連絡いたします。

連絡先 ke-tin@banbino.jp(中根)

主催 TRUE INFORMATION & 田中 優

 田中優 かむあそうトライブス
左は、田中優さん   右は、かむあそうトライブス

プロフィール

twitterはじめました!
よろしければフォロー
お願いします!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
イベント情報
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。