外界は自己の投影

「外界で起きていることは、自分の内面の投影である」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

毎日、世界では様々な事が起きています。そして、同じ世界に生きていても、現実に対する捉え方は人によって様々に異なります。また、自分自身の中でも、世界や外界に対する見方を変えることで、現実を様々に変化させることができます。

世界情勢を知り、世界の行く末を考える。そして、よりよい世界の未来のためにできることを行動に移す。これらはとても大事なことです。しかし、それ以前に「世界とは?」「現実とは?」「これらは一体何なのだろう?」と考えてみることも実に興味深いことです。

【THINKER・夜の会】では、第1週を世界情勢・ニュース分析をテーマにし、第2週は古代文明や地底文明・UFO・異星人などオカルト(未知の世界)をテーマにしています。そして、第3週は打って変って、外面の世界とは逆に自己の内面に焦点を当てていきます。

それは、外界には「自己の内面が投影される」という側面があるからです。

かの20世紀最大の神秘家の一人グルジェフもこう言っています。「太陽や月を観察することは可能である。だが、人間は全てを自分自身のうちに持っている。私の中に太陽、月、神が存在する。私がすべての生命の全体である。理解するには、自分自身を知らねばならない」

また、これと関連してデービッド・アイク(世界で起きている陰謀を解明する第一人者)も興味深いことを言っています。

「鏡の中の自分の髪形を直そうとしても、現実の髪形を変えることはできない。しかし、日々、人は鏡の中の自分に注意を取られてしまう。世界支配層(イルミナティ)はあの手この手を使い、人の内面の投影である外界に様々な混乱を作り出す。こうすることで彼らは、私たちが自己の内面へ向ける注意力を削ぎ、私たちが現実に対処する道筋を見失わせている」

マスコミが垂れ流す様々なニュースに気を取られている最中に、私たちは自己の内面に向ける注意力を相当奪われているかもしれません。

そこで、ひとつの疑問が沸いてきます。
「世界支配層はなぜ、マスコミを操り、大衆が自己の内面に目を向けることを躍起になって邪魔するのか?」ということです。

ひょっとしたら、人間の心、精神の中には、私たちが存在することさえ知らない「宝」が隠されているのかもしれません。

そこで、今週金曜の【THINKER・夜の会】のお知らせです。
自分の中に果たして、どんな「宝」があるのか?その入り口として、自分を知ること、自己観察する楽しみを一緒に探求してみませんか。

【THINKER・夜の会】
●テーマ「自分を知って自分を愛する」―自己分析と自己観察の楽しみ
・否定的感情の根源を探る
・過去を振り返り、気づきを得る
・グルジェフの格言「親と完了していない人は私のところへ来るべきではない」その意味とは?
【日時】12月16日(金)20:00~22:30
【参加費】¥2000-
【会場】THINKERアトリエ(愛知県愛知郡東郷町・最寄駅は名古屋市地下鉄「赤池」・送迎あり)住所は返信メールでお知らせします
【お話】THINKER・鶴田ナオキ
申込フォーム https://ssl.form-mailer.jp/fms/b6682beb473578

スポンサーサイト

多次元宇宙を感じる

多次元の宇宙を感じるミュージック・ビデオです。

ズバリ、そのタイトルは “Around the World in a Tea Daze”

日本語に訳すと、「お茶を飲んで酔っ払って世界巡り」
この「お茶」というのは、南米アマゾンの先住民族(森の民)のシャーマンが部族の未来を予知するために飲む「アヤワスカ」を意味します。

アヤワスカの成分であるDMT(ジメチルトリプタミン)は、人間の脳にごく微量に存在する物質です。
死んだときに大量に放出されるという話があります。

つまり、アヤワスカからDMTを摂取することで、生きながら死者の世界が体験できるということです。
このビデオを見ると、案外、死者の世界というのは、静寂の世界ではなく、色鮮やかな幻想的な世界かもしれません。



下の動画は、同じShpongleのミュージック・ビデオ“Herb Garden”

冒頭に出てくるのは、映画「マトリックス」を連想させる映像。
青のカプセルと赤のカプセルが出てきます。
青のカプセルを飲んで、ニセの現実の中で生き続けるか、それとも赤のカプセルを飲んで、本当の現実に飛び込んでいくか、人それぞれの選択を意味しています。

赤のカプセルを選択した人=恐れずに本当の現実を知り、どんどん壁を突破して、先に進んでいく人たちが、未来を担っていくでしょう!

市民が「テロリスト」とされる理由

国会前で秘密保全法成立を前に市民デモが大きくなっています。
その市民を「テロリスト」呼ばわりした石破発言が問題となっていますが、その真意は?

アメリカでは、911後の圧政に対し、各地で多数の市民デモが起きるようになりました。
その対策として、政府は軍を投入して市民に対し、視覚や聴覚を攻撃して退散させる「非殺傷兵器」を使用しています。

当初は、対国民を想定した武器を作るわけにもいかないので、これを正当化するために殺りく兵器ばかり開発するペンタゴンや軍需産業をマスコミが「非人道的だ」と非難する茶番を演じました。

そして、対テロリスト用に作られたはずの非殺傷兵器は、敵国で使われることなく、自国アメリカに引き上げられ、デモ市民に対して使われるようになりました。




この軍用車両には音響兵器の他に青と赤のフラッシュが強烈に点滅する視覚用電磁パルス兵器も搭載されています。

アメリカ政府を乗っ取る軍産複合体によって画策され、進められるアジアの対立、そして、戦争、その準備としての秘密保全法。そして、反対する市民には、これらの非殺傷兵器を使用することは当然、想定されています。

市民が「テロリスト」呼ばわりされ、やがて本当に「テロリスト」扱いされ、市民に対する攻撃が正当化されていきます。その下地作りが「デモ市民=テロリスト」発言の真意なのです。

これを見るようなことになったら、一目散に逃げてください!

●石破発言の本当の目的 ―武器マニアが市民を襲う!

その他、新しい記事の紹介です。

●三人寄れば文殊の知恵 ―多数なら社会を変える力に!

●食べるワクチン ―食品成分のインターフェロン・インデューサー

●健康な和食のポイント(1)

●健康な和食のポイント(2)

●健康な和食のポイント(3)

●メンデルソン博士のメッセージを振り返って

●洗脳、そして圧政を超えて

アメリカ政府機能の一部停止状態が続いてはや2週間。
債務上限の引き上げ期限が迫っています。
これまでのように茶番で終わるのか、今回ばかりは本当に破産宣言(デフォルト)してしまうのか?


(※オバマケアを押す民主党とそれに反対する共和党の争いで予算の承認がかみ合わず議会が停止しているとのことですが、オバマケア自体ロックフェラー主導の現代医療を普及させることですから、争点そのものが出来レース。どちらに転んでも金融権力の有利に働く茶番ですが、それはともかくとして、、、、、、)

とはいえデフォルトとなれば、マスコミが騒ぎ立て、金融市場が大荒れ、リーマンショック以上の金融パニックが世界中に広がります。
また、今回デフォルトしなくとも破産状態にあるアメリカ発の金融パニックはいずれ(タイミングを見計らって意図的に)引き起こされるでしょう。

さて、政府機関が閉鎖してまもない10月8日、新百ドル札の発行が、FRB・財務省・シークレットサービスの共同ウェブサイト上で緊急通達されていました。

●10.08.13 | The Redesigned $100 Note Begins Circulating Today
http://www.newmoney.gov/

2年前に予定されていたものが、印刷の不手際で今回のタイミングになったと説明がされていますが、政府機能の停止期間に合わせた行為であることは明らかです。
目的は偽札防止とされていますが、デフォルト、通貨切替(デノミ)、債務の踏み倒しの一部、またはその布石と推測できます。
新100ドル札が市場に出回るのはしばらくかかるとのことで、「旧札もこれまでのように使えますよ~」とサイト上で言ってますが、今後はどうなることやら、、、、、、。

アメリカ国債の買い手の1位は中国、2位は日本、3位はロシア。
アメリカが中国やロシア相手に借金を一度に踏み倒せば、戦争にもなりかねませんから、あまり無茶なことはしないでしょう。ただ日本の借金は今回のタイミングか、そうでなくともいずれ踏み倒されるでしょう。

没落したアメリカ(を背後で操る金融勢力)は、裏で中国と手を組み(金融勢力が中国に寄生して)、今後の世界を支配していくという見方があります。そうなれば、その中国と欧米金融勢力に対抗するプーチン・ロシアの関係が今後の世界の見どころになると思います。

世界が緊迫する中、日本では東京オリンピック決定のお祭り騒ぎが演出され、一方でTPP締結や消費増税も迫っています。
また、秘密保全法で公務員の機密漏洩の処罰を厳しくすると言っていますが、政府や官公省、警察、自衛隊、はたまた役所の内部で相当ヤバいことが行われていると自白しているようなものです。

とは言っても、どれほど経済や国家の質が悪くなろうが、庶民は「知恵」と「元気」と「笑い」で切り抜けていくしかありません。
そして、今後はさらに人々の間で情報の共有も大事になってきます。


ネット上での情報共有と言う点で、「るいネット」と言うサイトがあります。
以前から調べ物をしていたときにたまに見かけていたサイトで、運営するのは建築設計、塾、農園、社会事業などを手がける類グループです。
今回、類グループの社会事業部の方と縁があり、今後の社会のあり方を考え、情報や価値観を共有していくという意味で、記事を投稿させていただくことになりました。

このサイトには、毎日多くの方が投稿しており、テーマも国際金融から日本人の歴史、男と女、社会のあり方、現代医療やマスコミへの疑問などなど実に多岐にわたります。興味深い読み物が目白押しですので、自分の興味に合った分野の投稿を読むのがお勧めです。

THINKERのブログだけでは読者も限られていますし、メルマガの方も登録数が5000件を超えたあたりから、第三者によるなりすまし登録が急増し、知らずに登録された方々には多数ご迷惑をかけています。今後もメルマガでは講演情報など必要最低限の用件しか配信しない方針ですので、るいネットの投稿記事の方で読んでいただければ幸いです。

投稿記事の文体は、「ですます」調ではなく、簡潔に内容を伝えるため「である」調にしてあります。多少、文体が硬く感じるかもしれませんがよろしくお願いします。

以下は、これまでの投稿記事一覧です。


●アカデミズムが「血液型性格判断」を低俗な迷信とするワケ
●血液型について考える
●血液と日本人の未来
●東京五輪について考える
●東京五輪について考える(2)―五輪報道からTPP・消費増税への道
●東京五輪について考える(3)
●震災時の心構え ―火事場における人さらいと臓器ビジネスの話
●臓器提供カードへの署名の際に

今後の他記事は、検索ページを開いて投稿者名の欄に「THINKER・鶴田」と入力して検索できます。同様に調べたい内容によって、題名欄や本文欄に検索したい言葉を入力すれば、これまで投稿された全記事から読みたいものを検索できます。

●るいネット投稿記事検索ページ


こんな本が!

選挙騒動も終わり、ふたを開ければ自民の圧勝、、、。

これでTPP参加交渉、原発再稼働、消費税増税に中国とのやらせ戦争に本格的な準備ができた感じです。

そんな政情にあきれつつ、いろいろ調べものをしていてこんな本を見つけました。

『気候工学入門―新たな温暖化対策ジオエンジニアリング』

無題


ジオエンジニアリングは「温暖化で地球が滅びないように太陽光をさえぎらなきゃいけない!
そのために空に化学物質をばらまくよ!」というケムトレイルの正当性の根拠となるもの。

子供を守るためのワクチン・フッ素。
地球を守るためのエアロゾル。
ウソも方便。何でもありの世界ですね。

そして、最近の都市部の空はというと、、、

議論する前にとっくに始まっています。

IMG_2950.jpg
IMG_3071.jpg
IMG_3266.jpg
IMG_3273.jpg
IMG_3499.jpg

TPP、消費税増税、原発再稼働など、すべての上を行くソリューション。
発想は一緒ですね。

gn-20110308-02.jpg

人口問題もエアゾール一本で解決か!?







プロフィール

twitterはじめました!
よろしければフォロー
お願いします!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
イベント情報
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR