スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月THINKER夜の会のお知らせ・小沢一郎さんお話会レポート

【小沢一郎お話会レポート】
先日、国際情勢と日本・ユダヤ史に詳しい知人の方が、小沢一郎さんを名古屋に呼ぶ機会があり、その集会に参加してきました。

小沢さんが一般市民に何を訴えかけるのか、少し興味があったのですが、その会はオーガニックな食を大切にする市民の集まりと言うこともあって、政治的な話題より、食と地域コミュニティが話の中心となりました。とくに食糧自給率の向上と教育問題(いじめなど)の根源が核家族化にあることを小沢さんは訴え、政治は市民生活に直結した身近なものであると、穏やかな口調で話していました。また他にも小沢さん自身が「地元に田んぼを持つ農協の会員であり、田畑を手放してはいけない気持ちが強いこと」「日本の自給自足は可能であること」「採算がとれないから農業をやめる人が多いが、農業は採算がとれるかどうかでやるものではなく、生存のために必須なこと」「TPP対抗策として政府は企業が請け負うことを奨励しているが、企業は採算がとれるうちは手を出すが、赤字になればサッと手を引いてしまうので、企業に任せても解決策にならないこと」等々話し、他にも、「今の子どもは幼少期に他の子どもと深く触れ合う機会が少なくなっている」「喧嘩のやり方も知らず、どこまでやったら危険なのか経験不足なので、いざ争いになると殺すところまでいってしまう」「公立学校の教育現場でも権利を振りかざすモンスターペアレントを恐れて、教育やしつけがきちんとできない環境になっている」など、身近な教育問題も語っていました。

もっとも、会場の前の方で参加していた方の多くは高齢者であり、「TPP後の日本の行方」「自由党が他党と連立で政権を取る可能性」など、もっと政治的な発言を小沢さんから期待していたようです。日本の未来を憂う高齢者のその想いは熱い空気となって、後方からも感じ取れるほどでした。30代・40代の子育て世代は、食と子どもの未来を守ることに関心があり、会場内入口付近や客席後方で無農薬野菜やオーガニック食材の手料理、手作りの品々を販売しながら、小沢さんの話に耳を傾け、20代の参加者はほぼ皆無でした。そして、一歩会場を出れば、そこは名古屋の繁華街のど真ん中。ライブハウスが立ち並ぶ歩道に10代・20代の子が列をなし、世代間の関心の違いを浮き彫りしていました。

【なぜTHINKERが非政治的な立場をとるのか】

ちなみに私個人としては、小沢さんの人柄や政治を市民の身近なものにする姿勢に共感するところは多くありますが、政治的に小沢さん支持というわけではありません。政治的に誰の支持者でもないのです。誰支持でないだけでなく、政治的に憲法9条に賛成でも反対でもありません。というのも、国防に関する問題だけでなく、政治や国際情勢を追っていくと、世界情勢とそれに連動する国内政治は常に変化するものであり、状況によって悪が善に傾いたり、善が悪になったりします。恒常的なものではないからです。特に安倍さんに関してはただの売国奴ではないと考えています。最近のプーチン大統領との接近など、彼にはひょっとしたら、もう一つ深い考えがあるかもしれない。凋落するアメリカとの外交関係の次を模索している節があります。だから、「○○さんは良い!」「○○さんはダメだ!」などと断定することは非常にむずかしく、それどころか間違ってしまうことにもなります。

また、一般市民の側に目を向けてみれば、俗に言う「B層」以外で「ロスチャイルド・ロックフェラー」など金融権力の世界的陰謀を知る人々の間でも、政治的意見は分かれます。70代以上は小沢支持、団塊世代であれば反韓反中で安倍自民支持傾向があり、それが30代40代であれば、食と子どもの未来を守る想いから、大半は反原発・反TPPの山本太郎、三宅洋平支持の傾向を持ちます。なぜ、同じ情報を持っているはずの人々が異なる政治的意見を持つのか。それは、そもそも政治的意見というものが、人が考えているような理性ではなく「他者依存」に根差した精神性から発生するものだからではないでしょうか。

そして、「他者依存」の精神性は、もともと各人が幼少期に親との関係から外部的に作られたものであるため、普段、意識されません。自分ではそれを潜在意識下に持ちながら日常生活を送っていることに気づいていないのです。そのため、大半の人は「理性」の部分で受け止めるべき外からの情報を過去の体験に根差した「感情」の部分で受け取ってしまいます。自分の外で起きていることを「感情」で解釈し、自分のいいように自分なりの都合で曲解して受け取っているわけです。それを自分はもう大人だから、理性で受け取っているはずだと、思っています。そのため、他人と意見が違うと「あなたの方が間違っているはずだ」ということが起きます。
このような心理的な仕組みがあるために、同じ情報を持っているはずの人々の間でさえ、政治的意見が異なるという事態が発生します。

【なぜTHINERのお話会のテーマが陰謀を超え「ヒトの心の仕組み」まで扱うのか】

このようにヒトが外部から情報をいくら得たところで、それを感情の部分で受け止めている限り、内容がいくら良くてもその価値は半減します。このような事情から、マスコミが伝えない政治・マスコミ・医療の裏側の情報を伝えるだけでは効果が低いと考えるようになりました。

そこで、大人向けに開催する【THINKER夜の会】の毎月第3金曜(8PM~・スカイプ参加可)は、「エニアグラム」という手法を利用した「自分の心のクセを知る方法」と「自分のココロの扱い方」「家族・他人と上手く付き合うこと」を習熟するお話会およびワークショップを開催します。

また毎月第4金曜(8PM~・スカイプ参加可)は「シオン議定書研究」をテーマとし、先ほどの政治的意見の相違なども支配者層にプログラムされたものであることや、政治的意見を持たされるように仕組まれていることも、彼らが民衆の心の弱さにつけこんだ手法であることなどを学習していきます。
どちらも外部の陰謀を知るだけでは十分でなく、支配者の心の中や自分の心の中にこそ、知るべき知恵があるという考えに根差したものです。
幅広く知ることで、普段の生活に活用できます。ぜひご参加ください。

【11月のTHINKER夜の会】
どれも全国からスカイプ参加できます。参加費:各回¥2000-
会場:THINKERアトリエ(愛知県愛知郡東郷町)
最寄駅:名古屋市地下鉄「赤池」
会場住所・駅からの送迎・参加費の振込先(スカイプ参加のみ)等詳細は、下記「申込フォーム」にご記入いただけましたら、こちらからお知らせします

●11月4日(金)20:00-22:30
(※今回は前日のお知らせですのでスカイプ参加の場合、参加費後日振込で参加できます)
「今の日本、今後の日本について話しましょう」
安倍政権の行方は?小沢一郎の政権復帰はあるのか?第3次世界大戦を止めるプーチン 二転三転のアメリカ大統領選・大統領選でどう変わるニッポン
●11月11日(金)20:00-22:30
「古代文明・UFO・オカルト関連なんでもアリ」
NASAが地底人からの電波を受信、それに返信もできない地球の科学レベル
宇宙人と地底人は同一か!? 地底人と組んだナチス・ナチスと組んだ日本・今のナチス本部アメリカ
●11月18日(金)20:00-22:30
「エニアグラムを使って自分を知ろう」
人間はすべて九種類に分類できる・どうして他人とぶつかるのか・自分の番号を知ることのメリット・番号による心のクセを知る
(自分の番号特定までいけたらいきます。できない場合は次回になります)
●11月25日(金)20:00-22:30
「支配者の頭の中を読む・シオン議定書研究」
前回初回は貴重な戦前の議定書を持っていただいた参加者もいました。
次回は前回の復習「大衆は盲目なり」と「ダーウィン、ニーチェの効用」を扱います。
初めての方もサポートしますので、いつからでも参加できます。
↓申込みはフォームからお願いします
https://ssl.form-mailer.jp/fms/b6682beb473578

スポンサーサイト

多次元宇宙を感じる

多次元の宇宙を感じるミュージック・ビデオです。

ズバリ、そのタイトルは “Around the World in a Tea Daze”

日本語に訳すと、「お茶を飲んで酔っ払って世界巡り」
この「お茶」というのは、南米アマゾンの先住民族(森の民)のシャーマンが部族の未来を予知するために飲む「アヤワスカ」を意味します。

アヤワスカの成分であるDMT(ジメチルトリプタミン)は、人間の脳にごく微量に存在する物質です。
死んだときに大量に放出されるという話があります。

つまり、アヤワスカからDMTを摂取することで、生きながら死者の世界が体験できるということです。
このビデオを見ると、案外、死者の世界というのは、静寂の世界ではなく、色鮮やかな幻想的な世界かもしれません。



下の動画は、同じShpongleのミュージック・ビデオ“Herb Garden”

冒頭に出てくるのは、映画「マトリックス」を連想させる映像。
青のカプセルと赤のカプセルが出てきます。
青のカプセルを飲んで、ニセの現実の中で生き続けるか、それとも赤のカプセルを飲んで、本当の現実に飛び込んでいくか、人それぞれの選択を意味しています。

赤のカプセルを選択した人=恐れずに本当の現実を知り、どんどん壁を突破して、先に進んでいく人たちが、未来を担っていくでしょう!

新記事の紹介です

暑い夏も終わり、過ごしやすい季節になってきました。

ブログの更新は久しぶりになりますが、6月から8月にかけて、類グループ社会事業部の「るいネット」に投稿した新記事をまとめて19本を紹介します。

テーマは、世界情勢から子育て・教育・健康まで、幅広く執筆しました。
最近感じることは、「NWO=新世界秩序」という超管理社会が、実のところ、最近よく耳にする「持続可能な社会」と呼ばれるものに他ならないということです。この視点を充分につかむには、陰謀をさらに深く観察し、善悪を超えた幅広い視点で捉えていく姿勢が求められます。投稿記事をご参考いただければ幸いです。

なお、医療に関する内容は、専門家のアドバイスに代わるものではないことを了承のうえ、閲覧くださるようお願いします。

●ワクチン接種と学校教育の未来

●義務教育が生み出す「イジメ」

●増え続ける医療費 ―老人とクスリ―

●住宅マーキングの怪

●地球のために奪われる自由

●モノ作り教育の大切さ

●フェースブックとニュース報道に左右される大衆

●ハイテク教育とローテク教育

●ハゲないために 不洗髪生活のすすめ

●「世界遺産」とは何か?(1)

●「世界遺産」とは何か?(2)

●「世界遺産」とは何か?(3)

●マレーシア機墜落 驚くほど大人なロシアの対応

●夏にはスイカ!

●人間に必要なのは、生鮮食品=ローフード=酵素

●ミネラルとビタミンがいかに重要か?

●幼少期に最も大切な「感謝の心」

●スマートメーターの電磁波対策

●家庭でできる電磁波対策


新記事をまとめて12本紹介 「子育て」「食」「社会」など

「るいネット」に投稿した最近の投稿記事を紹介します。

これらの記事にある「子育て」や「食」などの情報は、他の考えを否定するものではありません。あくまでひとつの観点としてお読みいただけたら幸いです。

医療に関する内容は、医療アドバイスに代わるものではないことをご了承ください。

●陰謀から子供を守る子育て(1)

90年代からの「シャッター通り」「ワーキングプア」「自殺者の増加」「勝ち組と負け組」「ワーキングマザー」「詰め込み保育」はすべて意図的に作られたもの。それは陰謀ではなく、年次改革要望書という形ではっきりとアメリカから突き付けられてきました。

マスコミが報道しなかったので、多くの日本人には何が起きているのか知らされてませんが、背後にはハッキリとした目的があります。

大切な子供を守るには、政治に無知でいられない時代です。


●陰謀から子供を守る子育て(2) -食事

子供にとって一番悪いもの。食事の中では、白砂糖とアミノ酸調味料(化学調味料)。これを避けるだけでも。かなりの利点があります。

子供が金切り声を上げて困っているなら、まず白砂糖をやめてみてはどうでしょう。

●陰謀から子供を守る子育て(3) 食物アレルギーとワクチン

三大アレルゲンとワクチンの意外な関係

アメリカでは、ワクチンにピーナッツオイルが添加されるようになってから深刻なピーナッツアレルギーが増えたそうです。しかし、それは安全なものとして成分表示されていません。

アレルギーの原因にはその他、食品成分以外の添加物(農薬、抗生剤、ホルモン剤)に遺伝組換えされた大豆や小麦。はたまた、血液型の糖鎖と食品中のタンパク質(レクチン)との相性。食用油の質やオメガ3とオメガ6脂肪酸の摂取バランスの崩れなどなど、複合的な原因があるのでは……。

●陰謀から子供を守る子育て(4)テレビより絵本を!

小さな子供のいる家庭では、「洗脳装置=テレビ」ではなく、「名作の絵本」を置きましょう。

とはいっても、ムズカシイ。
まずは大人が、テレビ中毒から抜けることが先決。

●バラエティ番組は子供に良い!?

でも、あえて子供にテレビを見せるなら、バラエティ番組が良いそうです。

番組で紹介される人々の社会行動を多く目にすることで、子供の一般知能が上げるとのこと。
その他の番組はやはり、あまり良くないようです。

バラエティの視聴は、現代っ子が他の大人や子供たちと接する機会を失った穴埋めをするものです。
生身の人間と接することができればそれに越したことはないでしょう。

●日本の技術者に希望を託す「フリーエネルギーの未来」

いかにしてフリーエネルギーが可能になるのか?
国際金融権力に潰された孤高の天才科学者・テスラが実現しようとしていたことは何か。
それがいかにして可能なのか。
ブログで有名な井口博士が、本を出しました。

難解な物理の公式はわかりませんが、地球と大気圏が大きな導体でそこからエネルギーを取り出すことが可能なことは理解できます。

●国民を分断する社会構造

政府権力・宗教・裏社会の一部は、多くの国でつながっています。
なぜ、このような構造が世界各国で似通っているのか。

一言でいえば、イギリスやアメリカの諜報機関が、作り上げてきたものだからでしょう

●凶悪犯罪を起こすのは誰か?

凶悪犯罪で逮捕される犯人。それが真犯人であることもあるし、そうでないこともあります。

事件が世論誘導のために政府と軍によって実行されたブラック・オペレーションだった場合、捕まった人はスケープゴートで冤罪です。

最近のアメリカでの銃乱射や自作自演のテロは、かなり手抜きになっていて、すぐに怪しい点がネットで指摘されます。
昨年のボストンマラソンのテロやサンディ・フックの銃乱射などは、クライシスアクター(防災訓練用の俳優)を多用したショーの色合いが濃いものになっています。

●日本を救う「米(こめ)」の可能性

小麦は良くない! 
嗜好品程度に摂取を抑えるか、せめて国産小麦に。
全粒小麦もよくないようです。


お菓子や料理には、ほとんどが米粉で代用できます。
甘みも、米に米麹を加えて甘麹をつくれば甘味料ができます。
米の可能性は大きいのです。


●市場の支配者「秘密の超存在」と戦う女性

FRBに初の女性議長が誕生しました。しかし、こちらで紹介するのは、それに真っ向から立ち向かう女性。
彼女の名は、カレン・ヒューズ。巨大銀行の不正を追及して、長年勤めていた世界銀行から追われました。

スイス連邦工科大学の数学者たちが見つけた資本市場の支配者「スーパー・エンティティ」。
43000社が上げる毎年の総利益の60%と総資産の40%を手にする極少数の人々。彼らは雲の上の存在なのか……。
彼女は、「彼らも法の下で裁かれる」と言います。


●子供にとって一番のクスリ 「太陽光」

日光不足は、免疫力の低下、うつ、子供の近視と肥満、乳児のくる病の原因になります。
これらを防止、解決するのが太陽の光。


ケムトレイルのない青空の下で、できるだけお日様の光を浴びたいですね。

●米より古い「粟(あわ)」

粟は米よりも古い。黄河文明でも日本でも稲より栽培の歴史が古く、主食とされてきたようです。
粟麺は中華めんの代わりになります。小麦をやめたいラーメン好きには、粟麺がおすすめです。

市民が「テロリスト」とされる理由

国会前で秘密保全法成立を前に市民デモが大きくなっています。
その市民を「テロリスト」呼ばわりした石破発言が問題となっていますが、その真意は?

アメリカでは、911後の圧政に対し、各地で多数の市民デモが起きるようになりました。
その対策として、政府は軍を投入して市民に対し、視覚や聴覚を攻撃して退散させる「非殺傷兵器」を使用しています。

当初は、対国民を想定した武器を作るわけにもいかないので、これを正当化するために殺りく兵器ばかり開発するペンタゴンや軍需産業をマスコミが「非人道的だ」と非難する茶番を演じました。

そして、対テロリスト用に作られたはずの非殺傷兵器は、敵国で使われることなく、自国アメリカに引き上げられ、デモ市民に対して使われるようになりました。




この軍用車両には音響兵器の他に青と赤のフラッシュが強烈に点滅する視覚用電磁パルス兵器も搭載されています。

アメリカ政府を乗っ取る軍産複合体によって画策され、進められるアジアの対立、そして、戦争、その準備としての秘密保全法。そして、反対する市民には、これらの非殺傷兵器を使用することは当然、想定されています。

市民が「テロリスト」呼ばわりされ、やがて本当に「テロリスト」扱いされ、市民に対する攻撃が正当化されていきます。その下地作りが「デモ市民=テロリスト」発言の真意なのです。

これを見るようなことになったら、一目散に逃げてください!

●石破発言の本当の目的 ―武器マニアが市民を襲う!

その他、新しい記事の紹介です。

●三人寄れば文殊の知恵 ―多数なら社会を変える力に!

●食べるワクチン ―食品成分のインターフェロン・インデューサー

●健康な和食のポイント(1)

●健康な和食のポイント(2)

●健康な和食のポイント(3)

●メンデルソン博士のメッセージを振り返って

●洗脳、そして圧政を超えて
プロフィール

twitterはじめました!
よろしければフォロー
お願いします!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
イベント情報
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。