Sheeple 2月号

シープル2月号はケムトレイル特集です。

シープル2月号

見出しは、

●「英・認知症が成人死因の1位に」

●「アルミの神経毒性―わずか3ppmで脳に損傷」

●「ケムトレイルによる毒性金属の空中散布でアルツハイマー激増中!」

これ、アメリカ人のグラフィックアーチスト・デービッドディーズによる雑誌の表紙を模したアート作品なんですが、情報そのものはソースがあります。

調べてみると、、、

BBCニュース  「英・認知症が成人死因の1位に」

Dementia now leading cause of death
イギリス死因 認知症


ケムトレイルによるアルミの空中散布によりハチが減少
Study links aluminum from geoengineering to accelerating decline in bee populations

神経外科医が指摘「ケムトレイルがアルツハイマー、痴呆症、パーキンソン病、ALSを引き起こす」

Neurosurgeon: Chemtrails Cause Alzheimer’s, Dementia, Parkinson’s, and ALS

スポンサーサイト

THINKER 夜の会「フラットアース第2弾」

先週のTHINKER夜の会では、好評だった「フラットアース」(地球平面説)の続編をやりました。

もちろん、地球が丸いのは常識です。英語でも“フラットアース”と言えば、「地球が平らだと信じる人=昔風の人、頭のおかしなひと」という意味があるくらいです。それくらい、地球の形が球体以外だと考える人はいないでしょう。

しかし2015年あたりから、アメリカを中心に地球平面説・フラットアースがインターネット上で大騒ぎになってきました。
急に出てきたので、新手のプロパガンダである可能性も当然あるのですが、、、。

flatearther and NASA

そうだとしたら、目的は何でしょう?
考えてみると面白いですね。

ドア作り・続き

THINKERアトリエ入口のドア作りの続きです。
親子ドアなので、前回に続いて2枚目を作りました。

親子ドア

先ほどのフラッシュドアの上にホームセンターで買った杉板を貼っていきます。
この後、壁と同じ色のステインを塗って染めます。

杉板貼ったドア



ドア作り

アトリエ入口のドアを作ってます。
ドアは曲がるといけないので、芯材はべニアのようにラミネートで作られた「LVL」というのを使って木枠を組みました。


1ドア

木枠を組んだら、薄べニアを貼ります。厚さ3ミリ以下のものです。
木工用ボンドで貼って、木枠の上に重しを載せて一晩置いてくっつけました。
窓枠の所は、カッターで切り抜いて、、、。
薄べニアなのでカッターで切れます。

ドア2

木枠の間に断熱材を入れます。
スタイロフォームは、加工しやすいですね。

3ドア

反対側にも木工ボンドで薄べニアを貼って、大工さんから借りたコンプレッサーとフィニッシュネイルで打ちつけて土台は大体出来上がり。
くり抜いた窓枠にステンドグラスを入れる予定です。

ドア4

アイソレーション・タンク・ルーム制作

THINKERアトリエの1F部分にタンクルームを制作しています。

木とFRPで作ったタンク本体の下には、水平が出るように、ブロックで囲って砂が入れてあります。





天井に木下地を組み、OSBボードで天井を貼り、電気配線を通して、照明を埋め込みます。

天井部分が約30cmと、体が入るギリギリのスペースです。
途中で体を入れ替えると、抜けなくなりそうになり、何度か焦りました、、、。

DSCF5292.jpg

この後、タンクルームの前にシャワーユニットやトイレのついた更衣室を作ります。
プロフィール

twitterはじめました!
よろしければフォロー
お願いします!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
イベント情報
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR